コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トーダル・マル Todar Mal

1件 の用語解説(トーダル・マルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

トーダル・マル【Todar Mal】

?‐1589
インドムガル帝国アクバル皇帝時代の財政官。ラホールの中流,ハトリー(書記)のカースト出身であったといわれるが,若いころの経歴は不明。1573年アクバルのグジャラート占領後,その地におけるトーダル・マル税制改革が評価され,のち若干修正されてムガル帝国領内で実施されるようになった。のちにザブト制として知られるこの徴税制度は,検地,耕地の分類,生産高の現金への換算を特色とし,アクバル時代後期,各地方の平均生産高の約1/3が税として貨幣で徴収されたものとみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

トーダル・マルの関連キーワードアンリ中野村清介五条大橋アンリブルボン朝広島城稲葉一鉄方広寺本能寺アンリ[3世]

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone