コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムガル帝国 ムガルていこくMughal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムガル帝国
ムガルていこく
Mughal

インド,デリーを首都としたムスリム王朝 (1526~1857) 。 1526年始祖バーブルデリー・サルタナットの一つロディー朝のイブラーヒーム王をデリー北方のパーニーパットの地に破り,デリーを奪取して創始した。バーブルの跡を継いだフマーユーンは,39年アフガン系のシェール・シャーに敗れて,インドを追われペルシアに逃れていたが,シェール・シャーの死後,55年にインドに攻め戻り,帝国を再建した。 56年に有名なアクバルが王位につき,ラージプート諸王朝と同盟関係を結ぶなど,政治の安定に努力し,ムガル帝国隆盛の礎を据えた。アクバルのあと,ジャハーンギールシャー・ジャハーンアウラングゼーブの3代にわたってムガル帝国の全盛時代が続き,その版図は南インドにまで広がった。しかし 17世紀末にアウラングゼーブが,伝統的なイスラム思想の立場に立ったその頃から帝国の基礎は経済的にゆらぎだし,また諸地方に反乱が相次ぎ,その後帝国は衰退し,1739年にはペルシアのナーディル・シャーの侵略を受けるなどして,ムガル帝国は名目的な存在にしかすぎなくなった。 1857年インド大反乱を契機として,ムガル帝国は名実ともに滅亡した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ムガル‐ていこく【ムガル帝国】

Mughal》インド史上、最大にして最後のイスラム帝国。1526年バーブルが建国。第3代アクバルは北インド全域を支配下に置き帝国の基礎を確立。第6代アウラングゼーブのとき最盛期を迎えた。その後、内乱、諸侯の自立、西欧勢力の進出などにより急速に衰退し、1858年、セポイの反乱を機にイギリスに滅ぼされた。ムガール帝国

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ムガル帝国【ムガルていこく】

16世紀前半から19世紀中期にかけての,インド史上最大のイスラム王朝。〈ムガルMughal〉とは〈モンゴル〉に由来する語であるが,始祖バーブルトルコ系。1526年バーブルがパーニーパットの戦ローディー朝を倒し,デリーに都して創始した。
→関連項目アーグラアーグラ城塞カブールシャー・ジャハーンダッカティムール朝デリー・サルタナットハイデラバード(インド)ハイバル[峠]パキスタンファテープル・シークリー南アジアラホールロー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ムガルていこく【ムガル帝国 Mughal】

1526年バーブルによって創始されたインドの王朝。1526‐40年,1555‐1858年。ムガルの名はチンギス・ハーンモンゴル帝国に由来する。バーブルはティムールの血を継ぐものではあるが,初期のムガル支配層には中央アジア出身のトルコ系が多く,民族的にモンゴル系とはっきりわかる者は非常に少数であったと思われる。 バーブルはローディー朝軍をパーニーパットの戦で破って帝国を創始したものの,まもなく死に,子のフマーユーン(在位1530‐40,55‐56)が跡を継いだ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ムガルていこく【ムガル帝国】

インドのイスラム帝国(1526~1858)。北インドに侵入したバーブルがロディー朝を倒し、1526年創始。その孫アクバルが帝国の基礎を確立、インド・イスラム融合文化が繁栄した。アウラングゼーブの時代にインド南部まで達し、領土は最大となるが、しだいに土侯が割拠するとともにヨーロッパ列強が支配を強め、1858年イギリス東インド会社に滅ぼされた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムガル帝国
むがるていこく
Mughal

インド史上最大のムスリム王朝(1526~1858)。初めアグラに都し、のちにデリーに遷都した。[小谷汪之]

歴史

政争で中央アジアを追われたバーブルはアフガニスタンに入り、カブール周辺を支配していたが、さらに北インドへと南下してきた。1526年バーブルは、ローディー朝のイブラーヒームをパーニーパットの戦いで破り、ムガル帝国の礎を築いた。第2代フマーユーンは、アフガン系スール人のシェール・シャーに追われてペルシアに逃げ、ムガル朝は一時中断したが、シェール・シャーの死後、1555年にフマーユーンはインドに帰り、スール朝を倒してムガルを再建した。フマーユーンはその翌年に急死し、わずかに13歳のアクバルが後を継いだ。このアクバルの時代にムガル帝国は急速な発展を遂げ、グジャラート(1573)、ベンガル(1576)を征服し、さらにパンジャーブ、シンド地方を版図に入れた。アクバルの死後、ジャハーンギール、シャー・ジャハーン、アウランゼーブと続く時代がムガルの全盛期である。アウランゼーブ(在位1658~1707)の時代には、アフマドナガル、ビジャープールなどのデカン・ムスリム諸王朝を征服し、ムガルの支配はインド半島南端近くにまで及び、最大の版図が実現された。
 しかし、このような版図の拡大の一方では、インド各地において土着の領主的階層(その多くはヒンドゥーであった)が急速に実力を蓄えてきており、ムガル支配は足元から崩されつつあった。なかでももっとも強力な勢力に成長したのは、デカン地方を中心とするマラータと、北インドからパンジャーブを拠点としたシクの勢力であった。ムガルは、ヒンドゥー教徒のマラータに対しては、アウランゼーブ自らデカンに遠征し、その晩年のほとんど30年間を費やしてマラータ征圧を試みたが、ついに成功しなかった。一方、シク教徒に対しても、その教主(グル)を捕らえて処刑するといった残酷な弾圧を繰り返したが、これもまた根絶することはできなかった。1707年アウランゼーブが死ぬと、各州の太守が独立への動きを示し始め、ムガルは急激に分解し始めた。その結果ムガル帝国は内実を失い、その後の代々の皇帝はなんらかの勢力によって擁立された傀儡(かいらい)のような存在と化していった。18世紀末になると、デカン地方から勢力を北に伸ばしてきたマラータ、とくにシンデー家がムガル宮廷の実質的支配者の位置を確保するようになった。
 一方、バクサルの戦いで、ベンガル太守・アウド太守・ムガル皇帝の連合軍を破ったイギリス(東インド会社)は、1765年、ベンガル州の徴税行政権(ディーワーニー)をムガルから獲得し、インド植民地化の大きな手掛りを得た。イギリスはその後、マイソール、マラータなどのインド勢力を次々と破って植民地化を推し進めていった。その間イギリスは、ムガルに利用価値を認めて、名目的な存在として存続させることを得策としていた。しかし、1857年、いわゆるセポイの反乱(インドの大反乱)が起こると、翌58年イギリスはムガル帝国を正式に廃絶し、インドを直轄植民地とした。[小谷汪之]

政治制度

ムガル帝国の支配階級は、バーブルとともに中央アジアから移住した征服者集団の子孫や、その後ムガル帝国に仕えるようになったトルコ系、アフガン系などの武将、文官およびヒンドゥー教徒の土着諸勢力(ラージプートなど)からなっていた。この支配階級内部の秩序維持機構はマンサブ制とよばれる官位制度であった。マンサブ制はその原型がアクバル帝の時代につくられたものであるが、ザート数十の位から一万の位まで33の位階に分けられていた。原則としてムガルのすべての官僚はザート数十の位から出発して、功績によって順次高い位に登っていくものとされたから、親の位階を子供がそのまま引き継ぐということは原則的にはなかった。マンサブ保有者(マンサブダール)の数は1600年ごろで約3000人であったが、その後、17世紀後半になるとその数は急速に増加し、1690年代には1万5000人ほどになっていた。これは、主としてヒンドゥーの在地土豪層が強力になってきて、ムガル帝国支配の足元を突き崩し始めたため、それらの在地勢力にもムガルの官位を与えることによって、彼らをムガル国家支配体制の中に取り込もうとしたからである。アウランゼーブ帝が死んだのち、ムガル宮廷で激しい内部対立が起こったが、その主要な原因は、ヒンドゥーの在地勢力をムガル国家体制の中にどんどん取り入れようとする考え方と、それに反対し、ムガルのムスリム国家としての純粋性を保持することを主張する立場との対立にあったといわれる。しかし結局は、在地の成長してくる諸勢力をマンサブ制の中に組み込むことは困難であり、ムガル帝国は分裂、衰退の道をたどらざるをえなくなったのである。[小谷汪之]

行政制度

ムガル帝国の領土は州(スーバ)に分けられ、各州には州長官(スーバダール。のちにはナワーブと通称された)と州財務長官(ディーワーン。その職務、権限がディーワーニーと称された)とが置かれた。この両者は相互にチェックする機能をもっていた。しかし、18世紀に入ると各州の州長官が独立化し始め、それが大きな契機となってムガルは分解していくことになった。イギリスがインドを植民地化していく契機となったのは、ベンガル州の州財務長官のディーワーニーを獲得したことであった。州の下にはタールク、パルガナなどとよばれた郡の単位があった。租税などは主として郡を単位としていたと考えられる。
 ムガル帝国はしばしば「アジア的専制国家」の典型のようにみなされ、そこでは強大な国家権力が自らの官僚機構を通して、個々の農民から個別に租税その他を徴収していたといったイメージがかなり一般にみられる。しかし、これは事実とはかなり反する。ムガル帝国においては、領土の7~9割は文武両官に与えられた封地(ジャーギール)であり、国庫地(ハーリサ)のほうが少なかった。そのうえ、国庫地においても、租税納入の責任者は個々の農民ではなく、一般にザミーンダールとよばれた中間介在者であった。ザミーンダールは自己の管轄内の農民その他から取り立てを行い、ムガル政府に契約した租税を支払った残りを自己の役得分とする権利をもつような存在であった。このザミーンダールの職務、役得はザミーンダーリーと称され、自由に売買することのできる物件となっていた。ムガル帝国支配を足元から脅かした在地の土豪的階層は、このザミーンダーリーを集積していくことによって勢力を強めていったのである。ザミーンダーリー売買文書は今日まで数多く残されており、優れた歴史史料となっている。
 このザミーンダールの下には農民がいたわけであるが、彼らは一般にライーヤトと称されていた。ライーヤトはその保有地に対してミルキーヤトと称される所有権(正確には占有権)をもっており、このミルキーヤトは世襲的なものであったと考えられる。このように、ムガル帝国を「個別人身支配」に基づく「アジア的専制国家」のようにみなすことは、今日では誤りであることがほぼ明らかになったといってよい。ムガル国家は基本的には封建国家というべきものであろうと考えられる。[小谷汪之]
『田中於菟弥・荒松雄・中村平治・小谷汪之著『世界の歴史 24 変貌のインド亜大陸』(1978・講談社) ▽石田保昭著『ムガル帝国』(1965・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のムガル帝国の言及

【イスラム美術】より

…地理的にヨーロッパに隣接しているばかりではなく,スルタンたちがベネチア派のジェンティーレ・ベリーニをはじめとするヨーロッパの画家を厚遇したり,絵師シナーン・ベイをイタリアに遣わすなど,積極的に交流を図ったので西欧の画法が急速に流入して,はや18世紀には,トルコの伝統美術は衰退を余儀なくされた。 なお,インドのムガル帝国の絵画については〈ムガル細密画〉の項目を参照されたい。
【工芸】
 イスラム世界では,絵画・彫刻の自由な発達が抑制されたために,工芸が著しく発展し,東アジアやヨーロッパの諸芸術において工芸の占めた位置に比較すると,イスラム工芸のそれは,はるかに高いものであった。…

【インド】より

… イスラム教徒(ムスリム)のインド侵入は8世紀ころにまでさかのぼることができるが,初めはヒンドゥー教のインドになんらかの痕跡を残すようなものではなかった。しかし11世紀以後に北インドに侵入したイスラム教徒は略奪,放火,破壊をほしいままにし,1206年インドに初めてイスラム王朝(奴隷王朝,1206‐90)が成立し,1857年ムガル帝国が滅亡にいたるまでの約650年間,インドはムスリム政権の支配下に置かれた。しかしヒンドゥー教徒は,他の地域では見られないほど,宗教的にも社会的にも自由であったといわれている。…

【地主】より

…また,王領地の寄進を受けたバラモン,寺院などが地主化する傾向も現れた。
[ムガル帝国]
 ムガル帝国成立前の地主の成立事情については不明な点が多いが,おそらく政治変動の過程で征服,併合,開発による所領の拡大,支配権の強化を通じてさまざまなヒンドゥー地主層が台頭したと考えられる。ムガル帝国はこれらの地主層を一括して〈ザミーンダール(土地所有者)〉と呼んだが,その中には,数十ヵ村,数百ヵ村を領有し,租税の独占的な収取権を持つのみならず,私兵による軍事権や警察権,司法権,行政権をも併せ持つ一種の土豪地主,領主にあたる大地主から,1ヵ村ないし数ヵ村を所有する小地主,一村内の地片を所有する〈手作り地主〉に及ぶ多種の地主層が含まれていた。…

【バーブル】より

…インドのムガル帝国の創設者。在位1526‐30年。…

※「ムガル帝国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ムガル帝国の関連情報