コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トーバルズ Torvalds,Linus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トーバルズ
Torvalds,Linus

[生]1969.12.28. ヘルシンキ
コンピュータの無償オペレーティングシステム OS「リナックス Linux」の開発者。 10歳のときから祖父のコンピュータでプログラムづくりを始める。ヘルシンキ大学在学中,ソフトウェア世界最大手マイクロソフトのパソコン用 OS,MS-DOSに不満を感じたことから,1991年ワークステーション用 OSのユニックス UNIXをベースに,リナックスを独自に開発した。リナックスはインターネット上で無料公開され,世界中のプログラマー・企業が自由に改良したり,応用ソフトを開発できる仕組みとしたため人気を博し,マイクロソフトの OS「ウィンドウズ」の対抗勢力に成長した。トーバルズはリナックスの生みの親として,一部コンピュータ利用者の間でカリスマ的な人気を得た。 1998年アメリカのシリコンバレーに移住,マイクロソフトの共同創業者ポール・アレンが所有する半導体メーカー,トランスメタに勤務。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

トーバルズの関連キーワードオープンソース

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android