コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生みの親/産みの親 ウミノオヤ

デジタル大辞泉の解説

うみ‐の‐おや【生みの親/産みの親】

自分を生んでくれた親。実の親。
物事を最初に始めた人。最初に作り出した人。「近代医学の―」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の生みの親/産みの親の言及

【親子】より

…父母と子の関係を指すが,生みの親と子の血縁的な関係だけではなく,養親と養子,親分と子分,親方と子方の関係のように,法制上,習俗上親子関係が擬制される関係(擬制的親族関係)を指しても用いられる。
[親子と血縁]
 親子関係では,とくに血のつながりという自然的要素が強調されるが,いずれの社会でも,血のつながりがあればただちに社会的にも親子関係が発生するとされているわけではない。…

※「生みの親/産みの親」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

生みの親/産みの親の関連キーワードハイマン・G リッコーヴァー特別養子縁組のあっせん事業グレン・L. マーティン野沢 吉二郎(3代目)後藤新平氏と十河信二氏生みの恩より育ての恩岩井トラディション京都・太秦の撮影所クラウス シュワブドラゴンクエストA.A. バークコンピテンシー生みの・産みの初音家 太三郎ウェヌスの夜歌SHWINN椎名 悦三郎小西 作太郎石本 秀一喜多村 実

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android