コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥエ聖書 ドゥエせいしょDouai Version

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドゥエ聖書
ドゥエせいしょ
Douai Version

トリエント公会議教令に従ってウルガタ訳聖書から訳された英語訳聖書。宗教改革によりイギリスより逃れたカトリック聖職者たちによって 1582年にフランスのランスで新約聖書が,1609~11年にドゥエ外典を含む旧約聖書が出版された。ランス・ドゥエ聖書ともいわれ,『欽定英訳聖書』に多大の影響を及ぼした。イギリスのカトリック教徒の聖書として長い間用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android