コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外典 ガイテン

デジタル大辞泉の解説

がい‐てん〔グワイ‐〕【外典】

キリスト教で、聖書正典に含まれていないが重要である文書。アポクリファ。
げてん(外典)

げ‐てん【外典】

《古くは「げでん」》仏語。仏教以外の書籍外書(げしょ)。⇔内典

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

外典【がいてん】

ギリシア語アポクリファ(アポクリュファ)apokryphaの訳。聖書の〈正典〉から外されている文書の総称で,旧約外典偽典と新約外典を含む。カトリック,プロテスタント,東方正教会で分類には違いがあるが,いずれもキリスト教形成史の重要史料。
→関連項目カノン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

がいてん【外典】

キリスト教で、聖書正典に対して、正典に近く重要ではあるが、それと区別されている文書。新約外典と旧約外典とがある。続編。アポクリファ。 → げてん(外典)

げてん【外典】

〔古くは「げでん」〕
仏教で、仏教以外の書物。もと、インドの外道の書物をさしたが、日本では主として儒学の書をさす。とつふみ。 ↔ 内典

とつふみ【外典】

〔「つ」は「の」の意の格助詞〕
げてん(外典) 」に同じ。 「 -を博士覚哿に学びたまふ/日本書紀 推古訓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

外典
げてん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の外典の言及

【聖書】より

…しかしヘブライ原典の章節と近代語訳聖書の章節は一部にずれがある。【並木 浩一】
【聖書の外典と偽典】

[旧約外典・偽典]
 〈外典(アポクリファ)〉の原語apokrypha(アポクリュファ)は〈隠されたもの〉を意味するギリシア語である。この言葉は,〈秘義的な教えを記しているゆえに特定の集団の外部に対して隠されるべき書物〉という意味でも用いられたが,やがて〈異端的内容のゆえに排除され隠されるべき書物〉という意味をもつに至った。…

※「外典」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

外典の関連キーワードホロフェルネスの首を斬るユディトトマスによるイエスの幼時物語ダニエル書への追加エレミヤの手紙スポザリツィオナザレ人福音書トマス福音書マナセの祈りペテロ福音書綜芸種智院経典外聖書弘決外典抄パウロ行伝マカベア書スザンナ内外の典山崎弁栄日本書紀ユディト三宅華也

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android