コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドウルウ族 ドウルウぞくDourou; Duru

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドウルウ族
ドウルウぞく
Dourou; Duru

西アフリカのカメルーン北部のアダマワ地方の住民。言語はニジェール=コンゴ語派に属する。典型的なサバナ農耕民で,焼畑耕作を行い,もろこし,とうもろこし,唐人びえなどの雑穀類や稲を主食作物として栽培する。またヤムいも,キャッサバ,落花生なども栽培する。文化的には近隣のアダマワ諸族の影響を強く受けている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android