コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドクベニタケ(毒紅茸) ドクベニタケRussula emetica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドクベニタケ(毒紅茸)
ドクベニタケ
Russula emetica

担子菌類マツタケ目ベニタケ科。ベニタケ,ベニシメジともいう。夏秋の頃,広葉樹または針葉樹林の地面に生える。傘は茎2~11cm,丸山形でのちに開いて平らになり,中央がややくぼむ。美しい紅色。柄は太さ 0.5~3cm,長さ2~6cm。胞子紋は白い。毒成分については確証がない。赤い色の傘をもったこのキノコによく似たものにチシオハツ R. sanguinea,コベニタケ R. fragilisなどがあるが,前者は胞子紋がクリーム色で,柄も淡紅色を帯びている点,後者は小型でもろい点でドクベニタケと区別される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ドクベニタケ(毒紅茸)の関連キーワードコベニタケ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android