コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドクベニタケ

2件 の用語解説(ドクベニタケの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ドクベニタケ

ベニタケ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドクベニタケ
どくべにたけ / 毒紅茸
[学]Russula emetica Fr.

担子菌類、ハラタケ目ベニタケ科のキノコ。傘は径4~8センチメートル、濃い紅色、表皮ははがれやすく、すこし粘る。肉、茎、ひだともに純白色。秋、松林に多い。味が著しく辛いことと、毒キノコに多いけばけばしい色をしていることから、毒の字があてられたが、実際には毒性はない。
 ベニタケ属Russulaには紅ないし赤色のものが多く、種類の見分け方がむずかしいが、採集をしたら、まずひと口かじって味を確かめるとよい。辛くないベニタケには、食用になるものが多い。[今関六也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のドクベニタケの言及

【ベニタケ(紅茸)】より

…担子菌類ハラタケ目ベニタケ科のベニタケ属Russulaのキノコの総称。ドクベニタケR.emetica (Fr.) S.F.Gray(イラスト),ヤブレベニタケR.lepida Fr.,コベニタケR.fragilis Fr.その他紅色のキノコが多く,昔はまとめてベニタケと呼んだ。ベニタケ科は,乳を分泌するチチタケ属と,乳を出さないベニタケ属に分けられる。…

※「ドクベニタケ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone