コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドストエフスキイの生活 ドストエフスキイのせいかつ

1件 の用語解説(ドストエフスキイの生活の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ドストエフスキイのせいかつ【ドストエフスキイの生活】

小林秀雄の長編評論。《文学界》1935年1月号~37年3月号に連載され,39年5月創元社より刊行。シベリア流刑,人妻との恋愛,結婚と賭博へののめり込み,ジャーナリスティックな活動など,波乱に富んだドストエフスキーの生涯をたどりながら,幻視者ともいうべきドストエフスキーの強烈な想像力と,19世紀の帝政ロシアの知識人が直面しなければならなかった近代西欧思想との対決という問題を浮彫りにしている。1930年代後半の文壇に大きな問題を投げかけると同時に,文学としての批評の可能性を示し,かつ日本におけるドストエフスキー受容史に一時期を画した評論である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ドストエフスキイの生活の関連キーワード小林秀雄文学界饗庭孝男粟津則雄亀井秀雄佐古純一郎高橋英夫高見沢潤子神山睦美吉田煕生

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドストエフスキイの生活の関連情報