コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドストエフスキイの生活 ドストエフスキイのせいかつ

世界大百科事典 第2版の解説

ドストエフスキイのせいかつ【ドストエフスキイの生活】

小林秀雄の長編評論。《文学界》1935年1月号~37年3月号に連載され,39年5月創元社より刊行。シベリア流刑,人妻との恋愛,結婚と賭博へののめり込み,ジャーナリスティックな活動など,波乱に富んだドストエフスキーの生涯をたどりながら,幻視者ともいうべきドストエフスキーの強烈な想像力と,19世紀の帝政ロシアの知識人が直面しなければならなかった近代西欧思想との対決という問題を浮彫りにしている。1930年代後半の文壇に大きな問題を投げかけると同時に,文学としての批評の可能性を示し,かつ日本におけるドストエフスキー受容史に一時期を画した評論である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ドストエフスキイの生活の関連キーワード小林 秀雄

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android