コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林秀雄 こばやしひでお

8件 の用語解説(小林秀雄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小林秀雄
こばやしひでお

[生]1902.4.11. 東京
[没]1983.3.1. 東京
評論家。 1928年東京大学仏文科卒業。 29年『改造』の懸賞文芸評論に『様々なる意匠』が2位当選。1位で当選した宮本顕治らのプロレタリア文学新興芸術派の対立を「様々なる意匠」とみてともに退け,リアリズムは言語の概念性を剥奪した独創とともに成り立つと主張,正当な西洋近代文学移入の開祖的存在としてスタートを切った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こばやし‐ひでお〔‐ひでを〕【小林秀雄】

[1902~1983]評論家。東京の生まれ。自意識と存在の問題を軸とする近代批評を確立。文化勲章受章。著「無常といふ事」「モオツアルト」「本居宣長」など。
江藤淳による評論。昭和36年(1961)発表。未公開の書簡など数多くの資料を駆使して、小林秀雄の実像に迫ったもの。昭和37年(1962)、新潮社文学賞を受賞。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

小林秀雄【こばやしひでお】

評論家。東京神田生れ。東大仏文科卒。在学中富永太郎中原中也らと交遊。1929年《様々なる意匠》で文壇に登場し,《アシルと亀の子》などの文芸時評で地位を確立,プロレタリア文学の観念性,私(わたくし)小説の脆弱(ぜいじゃく)さを激しく批判,近代日本文学の再検討に向かった。
→関連項目河上徹太郎四季(文学)白洲正子中村光夫深田久弥吉田秀和

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

小林秀雄 こばやし-ひでお

1902-1983 昭和時代の評論家。
明治35年4月11日生まれ。ランボーに傾倒し,富永太郎,中原中也らとまじわる。昭和4年「様々なる意匠」を発表,本格的な近代批評のジャンルを開拓。戦前の「ドストエフスキイの生活」,戦中の「無常といふ事」,戦後の「モオツアルト」「本居宣長」など,文学,音楽,美術,歴史にわたる文明批評を展開した。42年文化勲章。芸術院会員。昭和58年3月1日死去。80歳。東京出身。東京帝大卒。
【格言など】青年にとってはあらゆる思想が,単におのれの行動の口実にすぎぬ(「現代文学の不安」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

江戸・東京人物辞典の解説

小林秀雄

1902〜1983(明治35年〜昭和58年)【文芸評論家】文芸評論を芸術の高みに。 日本の近代批評を確立した不世出の評論家。昭和期の文芸評論家。東京都出身。東大卒。在学中に中原中也らと知り合う。1929年(昭和4)「様々なる意匠」で「改造」の懸賞論文の二席となり、以後文学、美術、音楽、哲学と単なる文芸批評と広い分野の評論活動を行った。1933年「文学界」創刊に参加。「様々なる意匠」「無常といふ事」「モオツアルト」、戦後は「近代絵画」「考へるヒント」、そして晩年の大著「本居宣長」など、自我の解析を軸とした創造的近代批評の確立者として大きな足跡を残した。1967年文化勲章受賞。

出典|財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こばやしひでお【小林秀雄】

1902‐83(明治35‐昭和58)
昭和期の文芸評論家。東京生れ。東大フランス文学科卒業。1929年,雑誌《改造》の懸賞評論《様々なる意匠》で文壇にデビュー,翌30年4月から1年間にわたって《文芸春秋》に文芸時評を連載,批評家としての地位を確立した。小林の批評は,作品の文体を通じて想像力としての作家の自己意識を論じるもので,日本における本格的な近代批評は小林によって創始されたといっても過言ではない。初期の評論にはフランス象徴主義の影響が強いが,それとともに西欧的知性と日本的感性とが重なり合う日本の近代の現状から目を離さないことも,小林の批評の特色の一つである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こばやしひでお【小林秀雄】

1902~1983) 評論家。東京生まれ。芸術・思想・社会・歴史にわたる優れた文明批評を残す。自己表現としての批評という近代批評の原理を確立。著「様々なる意匠」「無常といふ事」「本居宣長」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小林秀雄
こばやしひでお
(1902―1983)

評論家。明治35年4月11日、東京神田に生まれる。旧制東京府立一中、旧制一高を経て1928年(昭和3)東京帝国大学仏文科を卒業した。一中のころ富永太郎、河上徹太郎と、大学時代に中原中也(ちゅうや)、大岡昇平と知り合う。初め同人誌に小説『蛸(たこ)の自殺』(1922)、『一ツの脳髄』(1924)、『ポンキンの笑ひ』(1925)を発表したが、26年『人生斫断(しゃくだん)家アルチュル・ランボオ』により、フランス象徴派を基盤とした文学批評を開始する。29年『改造』の懸賞評論『様々なる意匠』で文壇に登場、翌年から『文芸春秋』に文芸時評を連載、歯切れのよい文体と逆説で左翼文学の観念性と新興芸術派の空疎さを鋭くつきながら、旧来の印象批評、実感批評を乗り越えて、自意識と存在の対決を軸とする近代批評を確立した。33年『文学界』創刊に参加、35年からはその編集責任者になり、文壇の代表的批評家として活躍、『私(わたくし)小説論』(1935)では「社会化した私」というキーワードで私小説を批判した。一方、35年からライフワークの一部となる『ドストエフスキイの生活』(1935~37)を連載し、社会評論にも筆を染め始めたが、しだいに内面的思索に沈潜してゆく。
 その成果が戦争末期から戦争直後にかけての『無常といふ事』(1942~43)、『モオツアルト』(1946)で、前者は近代の諸観念に毒されない歴史や伝統の姿をみいだし、後者は天才の無垢(むく)を「ト短調」というキーのなかに聴き分けて、小林秀雄の精神の高さを示した。これ以後文壇文学とはいよいよ遠ざかり、芸術家・思想家の精神のドラマを追求、『ゴッホの手紙』(1951~52)、『近代絵画』(1954~58)、未完のベルクソン論『感想』(1958~63)、『考へるヒント』(1959~63)を発表した。こうして文芸評論家というより、思想家としての風貌(ふうぼう)を濃くしていったが、その思想は西欧文化の受容を通じて自己を確立しなければならなかった日本知識人の苦悩を認めつつもそれを批判し、その超克の道を歴史と自然にみいだす方向をとっていった。「他人をダシにして己れを語る」「美は人を沈黙させる」などの名言が有名だが、晩年は学問論に向かい、1965~76年(昭和40~51)にわたった大著『本居宣長(もとおりのりなが)』、その補遺『本居宣長補記』(1982)は、もっとも日本的な知識人としての宣長の学問体系を跡づけ、宣長が古代人の「直知」を探り当ててゆくことをとらえたもので、小林秀雄その人の思索の行き着いたところを表現し、思索の思索として、あるいは思索と文学の一致を示すものとして、記念碑的作品となった。59年芸術院会員。67年文化勲章受章。昭和58年3月1日、腎(じん)不全のため没。[高橋英夫]
『『新訂 小林秀雄全集』13巻・別巻2(1978~79・新潮社) ▽河上徹太郎著『わが小林秀雄』(1978・昭和出版) ▽中村光夫著『《論考》小林秀雄』(1977・筑摩書房) ▽江藤淳著『小林秀雄』(1961・講談社) ▽高橋英夫著『小林秀雄 歩行と思索』(1980・小沢書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の小林秀雄の言及

【改造】より

…いっぽう,文芸欄は文壇の登竜門としての権威をもち,志賀直哉《暗夜行路》,中条(宮本)百合子《伸子》,芥川竜之介《河童》などの名作も生まれた。評論家の宮本顕治,小林秀雄,作家の芹沢光治良らが懸賞評論,懸賞小説から文壇に出ている。改造社は《女性改造》(1922‐24,46‐51),《文芸》(1933‐44)などの雑誌も発行したほか,単行本の出版もし,いわゆる円本時代の端緒をひらき,29年には《改造文庫》を発刊した。…

【ドストエフスキイの生活】より

小林秀雄の長編評論。《文学界》1935年1月号~37年3月号に連載され,39年5月創元社より刊行。…

【中原中也】より

…高橋新吉の影響を受けてダダイスト風の詩を試作し,また富永太郎との交遊を通じてフランス詩にも目を開かれている。25年愛人長谷川泰子とともに上京,小林秀雄を知ったが,泰子が小林と同棲するという事件が起こり,深い傷を受けた。しかし〈朝の歌〉(1926)によって詩人としての方向を自覚し,29年には河上徹太郎,大岡昇平らと《白痴群》を創刊,〈寒い夜の自我像〉などを発表して,魂の全体的な調和への希望と,それが果たされない人間の悲しみを歌った。…

【フランス文学】より

… 大正末から昭和10年代半ばまで,フランス文学に対する関心はさらに拡大する。思考する人間の意識,ひいては制作する人間の意識の精密な分析を重視した象徴主義の批評精神に着目し,新しい文学批評の道を開いた小林秀雄,河上徹太郎,ジッドなどを通してつかんだ精神の自由な運動という考えを,文学の拠りどころとした石川淳,スタンダールを熟読し,第2次大戦後になってから,社会の圧力のもとでの個人の生き方を明晰に見つめる小説を書いた大岡昇平など,この時期に出発点をもつ作家は少なくない。また,《詩と詩論》など,シュルレアリスムをはじめとする同時代の文学の紹介に熱意を示す雑誌が,つぎつぎに刊行されたのもこの時期である。…

【文芸批評】より

…〈新感覚派〉の理論はその一例である。このような時代のなかで,西欧文学における近代人の自意識をわがものにして,文芸批評を自立したジャンルとして確立したのが小林秀雄である。ここにおいて批評はそれ自身の論理と世界とをもつ文学様式として,創作の従属物から自立した。…

【無常といふ事】より

小林秀雄の評論集。1946年創元社刊。…

【私小説】より

…第3には,作品世界が実生活と別次元に立つことを忘れ,作品と実生活の混淆が生じがちである。こういう得失の検討はすべての私小説論でなされてきたが,中でも小林秀雄《私小説論》(1935)は重要である。小林はその中で〈社会化した私〉というキーワードを用いて私小説を批判しつつ,その批判を通じて否定しえぬ〈私〉の存在することを指摘した。…

※「小林秀雄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

小林秀雄の関連キーワード皆吉爽雨山口長男昭和町新井泉井堀繁雄大橋京子岸本誠二郎木村武雄郡祐一島田依史子

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

小林秀雄の関連情報