ドビン(英語表記)Dvin

世界大百科事典 第2版の解説

ドビン【Dvin】

カフカス地方,アルメニア共和国南西部,上ドビン村の近くの都市遺跡で,エレバンの南35kmにある。ドビンは4~13世紀,カフカス・アルメニア王国の商業,手工業中心都市であった。330年アルサケス朝の要塞が建てられたのに始まり,428年以降ササン朝ペルシアの,640年以降はアラブ・イスラム諸王朝の地方太守所在地となったが,1236年にモンゴル軍の襲撃によって滅びた。1937年以来全面的な調査が続けられており,5世紀のカトリコス宮殿,6世紀のバシリカ風教会,9世紀のバグラト朝王宮,窯跡,官吏住居などが発掘されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android