コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドビン Dvin

世界大百科事典 第2版の解説

ドビン【Dvin】

ザカフカス地方,アルメニア共和国南西部,上ドビン村の近くの都市遺跡で,エレバンの南35kmにある。ドビンは4~13世紀,カフカス・アルメニア王国の商業,手工業中心都市であった。330年アルサケス朝の要塞が建てられたのに始まり,428年以降ササン朝ペルシアの,640年以降はアラブ・イスラム諸王朝の地方太守所在地となったが,1236年にモンゴル軍の襲撃によって滅びた。1937年以来全面的な調査が続けられており,5世紀のカトリコス宮殿,6世紀のバシリカ風教会,9世紀のバグラト朝の王宮,窯跡,官吏の住居などが発掘されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ドビンの関連キーワードクワエダシャク(桑枝尺)モルドバ(ロシア連邦)ナレッジマネジメントフィン・ウゴル語派キングファハド噴水フィン・ウゴル語派モルドバ(民族)バシコルトスタンカザン・ハン国タタールスタンダウガフピルスダウガウピルスクワエダシャクマリ(民族)ウラル系諸族原子力潜水艦P. ラビラチェレミス語モルドビン語モルドビン

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ドビンの関連情報