コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドブロジャヌ・ゲレヤ Constantin Dobrogeanu‐Gherea

1件 の用語解説(ドブロジャヌ・ゲレヤの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ドブロジャヌ・ゲレヤ【Constantin Dobrogeanu‐Gherea】

1855‐1920
ルーマニア社会主義運動の創設者。ウクライナ出身。ハリコフ大学在学中からナロードニキ運動に参加し,官憲の迫害のため1875年ルーマニアに亡命,終生その地にとどまった。ヨーロッパ社会主義者とひろく文通してマルクス主義思想の普及に努め,ルーマニア社会民主党(のちの共産党)の指導者となった。思想家としては独自の文芸批評と社会理論で知られているが,農奴解放後の農民の隷属化,農村の封建化の進行を指摘した後者の理論(主著《新農奴制》)は,1930年代にソ連およびルーマニア共産党によって批判され,近年再評価されるにいたった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ドブロジャヌ・ゲレヤの関連キーワード社会主義社会主義者鎮圧法社会主義神髄高畠素之ルーマニア語社会主義革命羅馬尼亜ルーマニア地震ルーマニア狂詩曲ルーマニアン・シープドッグ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone