コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドブロジャヌ・ゲレヤ Constantin Dobrogeanu‐Gherea

世界大百科事典 第2版の解説

ドブロジャヌ・ゲレヤ【Constantin Dobrogeanu‐Gherea】

1855‐1920
ルーマニアの社会主義運動の創設者。ウクライナ出身。ハリコフ大学在学中からナロードニキ運動に参加し,官憲の迫害のため1875年ルーマニアに亡命,終生その地にとどまった。ヨーロッパの社会主義者とひろく文通してマルクス主義思想の普及に努め,ルーマニア社会民主党(のちの共産党)の指導者となった。思想家としては独自の文芸批評と社会理論で知られているが,農奴解放後の農民の隷属化,農村の封建化の進行を指摘した後者の理論(主著《新農奴制》)は,1930年代にソ連およびルーマニア共産党によって批判され,近年再評価されるにいたった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ドブロジャヌ・ゲレヤの関連キーワード大恐慌牧野省三トルストイ(Lev Nikolaevich Tolstoy)社会調査戦間期天気予報フルハイビジョンフルHDフィッツジェラルドアメリカ演劇

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android