コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドミニクス・グンディサリヌス Dominicus Gundissalinus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドミニクス・グンディサリヌス
Dominicus Gundissalinus

12世紀頃在世のスペインの哲学者。セゴビアで助祭長となった。トレドでのアラビア哲学のラテン訳事業に参加。みずからもその影響で新プラトン的色彩の濃い哲学書を残した。主著『統一について』 De unitate,『哲学の区分』 De divisione philosophiae。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android