コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドミニクス・グンディサリヌス Dominicus Gundissalinus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドミニクス・グンディサリヌス
Dominicus Gundissalinus

12世紀頃在世のスペインの哲学者。セゴビアで助祭長となった。トレドでのアラビア哲学のラテン訳事業に参加。みずからもその影響で新プラトン的色彩の濃い哲学書を残した。主著『統一について』 De unitate,『哲学の区分』 De divisione philosophiae。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android