コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドミニクス・グンディサリヌス ドミニクス・グンディサリヌス Dominicus Gundissalinus

1件 の用語解説(ドミニクス・グンディサリヌスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドミニクス・グンディサリヌス
ドミニクス・グンディサリヌス
Dominicus Gundissalinus

12世紀頃在世のスペインの哲学者。セゴビアで助祭長となった。トレドでのアラビア哲学のラテン訳事業に参加。みずからもその影響で新プラトン的色彩の濃い哲学書を残した。主著『統一について』 De unitate,『哲学の区分』 De divisione philosophiae。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドミニクス・グンディサリヌスの関連キーワードセクストスホエンペイリコスセゴビア大聖堂組曲「スペイン」12のスペイン舞曲スペイン行進曲スペインの歌スペインの時スペインの庭の夜スペイン舞曲集セゴビア旧市街とローマ水道橋

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone