コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドラウパディー Draupadī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドラウパディー
Draupadī

インドの大叙事詩『マハーバーラタ』の女主人公。パンチャーラ国の王ドゥルパダの娘。自選婚の競技で金的を射たアルジュナを夫として選んだが,彼の母クンティー夫人の言葉に従って,彼ら5人兄弟の共有の妻となった。長兄のユディシュティラが賭博で自分自身をまで賭けて負け,さらに妻のドラウパディーを賭けるようにしむけられた。それによって相手方からいろいろと侮辱を受けたが,よく耐えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android