コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドラケンスバーグ[山脈] ドラケンスバーグ

2件 の用語解説(ドラケンスバーグ[山脈]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ドラケンスバーグ[山脈]【ドラケンスバーグ】

南ア共和国東部を北東〜南西に走る山脈。名称は〈竜の山〉の意。現地名はカトランバ(岩の山)。延長約1000km。最高峰のタバナ・ヌトレニヤナ山(3482m)をはじめ,標高3000m以上の高峰を多くもつ。
→関連項目アフリカ南アフリカ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドラケンスバーグ[山脈]【Drakensberg Mountains】

アフリカ共和国東部の山脈。南アフリカ内陸高原盆地の縁辺はグレート・エスカープメントと総称される浸食崖で切られているが,傾斜が急で比高の大きい部分がドラケンスバーグ(竜の山)と呼ばれる。現地名はカトランバQuathlamba(岩の山)。レソトバスト高地とこれにつづく自由州とクワズールーナタール州の州境部,約500kmの崖部を狭義には指す。粗粒玄武岩で保護されたバスト高地には南アフリカの最高峰タバナ・ヌトレニヤナ山(3482m)をはじめ,3000m級の山がいくつかある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone