コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドラフトモード

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ドラフトモード

「draft」は「下絵」という意味。コンピューター関連では、一般に精度を犠牲にする代わりに、高速に処理できるモードを指す。たとえば印刷処理では、プリンターの最高の精度ではなく、品質を落とす代わりに高速に印刷できるモードをドラフト印刷モードと呼ぶ。またワードプロセッサーでは、完全なWYSIWYGではない(最終出力のイメージどおりではない)代わりに、表示速度を高速化したモードをドラフトモードと呼ぶ。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

ドラフトモードの関連キーワードエコノミーモード

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android