コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドリンスク Dolinsk

世界大百科事典 第2版の解説

ドリンスク【Dolinsk】

ロシア連邦,サハリン(樺太)南東部の産業都市。旧日本名は落合人口1万5900(1992)。ユジノ・サハリンスク(旧,豊原)北方42kmのナイブチ川下流に位置する。1918年同川上流の大森林と炭田を利用して富士製紙(のちの王子製紙)の落合工場が設置されると急速に発展し(1941年当時の人口2万5135),樺太東部縦貫鉄道の主要駅になった。45年ソ連併合後もパルプ・製紙コンビナートや建築材料工場が置かれ,林業試験場林業学校もある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドリンスク
どりんすく
Долинск Dolinsk 

南樺太(からふと)東岸の小都市落合(おちあい)のロシア語名。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ドリンスクの関連キーワードユジノ・サハリンスク落合(南樺太)ロシア連邦イセチ川南樺太

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android