コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドリンスク Dolinsk

2件 の用語解説(ドリンスクの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ドリンスク【Dolinsk】

ロシア連邦,サハリン(樺太)南東部の産業都市。旧日本名は落合。人口1万5900(1992)。ユジノ・サハリンスク(旧,豊原)北方42kmのナイブチ川下流に位置する。1918年同川上流の大森林と炭田を利用して富士製紙(のちの王子製紙)の落合工場が設置されると急速に発展し(1941年当時の人口2万5135),樺太東部縦貫鉄道の主要駅になった。45年ソ連併合後もパルプ・製紙コンビナート建築材料工場が置かれ,林業試験場や林業学校もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドリンスク
どりんすく
Долинск Dolinsk 

南樺太(からふと)東岸の小都市落合(おちあい)のロシア語名。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドリンスクの関連キーワード豊原ユジノサハリンスクサハリンАниваОха樺太神社跡ЧеховТомариДолинскНоглики

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドリンスクの関連情報