コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊原 トヨハラ

デジタル大辞泉の解説

とよはら【豊原】

ロシア連邦、サハリン(樺太)南東部の都市、ユジノサハリンスクの日本領時代の称。樺太庁が置かれた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

豊原【とよはら】

ユジノ・サハリンスク

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本の地名がわかる事典の解説

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊原
とよはら

ユジノサハリンスク」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊原
とよはら

南樺太(からふと)(サハリン)南東部の都市。1946年(昭和21)以降、ロシア連邦サハリン州の州都。ロシア名ユージノ・サハリンスクЮжно‐Сахалинск/Yuzhno-Sahalinsk(南サハリン市の意)。鈴谷(すずや)(ロシア名ススヤ)川の流れる鈴谷平野のほぼ中央を占める。人口17万9900(1999)。鉄道の東海岸線の一駅で、西へ豊真線を分岐する。鉄道車両、鉱山機械、水産加工用機械、製紙、化学、建材、家具、食品、コンクリートなどの工場があり、教育、林業、商業などの専門学校、科学アカデミー極東科学センター、太平洋海洋・漁業研究所サハリン支部、旧樺太庁博物館を転用した郷土研究博物館などが置かれている。帝政ロシア政府が流刑地・開拓地として、1881年に創設したウラジミロフカ村を市の起源とする。日露戦争後の1905年(明治38)ポーツマス条約により南樺太が日本領となり、06年日本軍が軍用鉄道を敷設した。その終点が当村であったことから、村の南1キロメートルの地点に新市街ができた。1908年、南の亜庭(あにわ)湾に臨む大泊(おおどまり)(コルサコフ)から当地に樺太庁が移転し、周囲に防風林を造成した方形地割の都市計画が進められた。1937年(昭和12)市制施行。第二次世界大戦前の人口は3万7160(1942)。1945年8月25日ソ連が占領。[渡辺一夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の豊原の言及

【ユジノ・サハリンスク】より

…人口16万4500(1993)。日本名は豊原。サハリン島南部のススヤ川流域に広がる平野の中央部に位置し,1881年ロシアの流刑移民集落ウラジミロフカとして開かれた。…

※「豊原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

豊原の関連キーワード突入せよ!あさま山荘事件ハッピー/愛と感動の物語ゴジラVSキングギドラユージノ・サハリンスクユジノ・サハリンスクユージノサハリンスク別れる2人の事件簿わたしの姑ばなれ離婚パーティー落合(南樺太)グッドラックオホーツコエ高森 栄喜三東北女子大学樺太神社跡高城 珠里高森栄喜三カメレオン魅せられて誓願房正定

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

豊原の関連情報