コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドルパド dhrupad[ヒンデイー]

1件 の用語解説(ドルパドの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ドルパド【dhrupad[ヒンデイー]】

インドの声楽曲の一形式。古くはドルバパダdhruvapadaといわれた。15~16世紀にかけて宮廷で発展した。芸術性を追究するうえで,精神的にも体力的にも最も厳しい音楽であるといわれるように,荘重であり,宗教的行事を思わせる。創始者は北インドのラージャー・マーン・シングRājā Mān Singh(1486‐1525)に帰せられるが,起源は12世紀ころに盛んであったプラバンダprabandha(楽曲)に求められる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のドルパドの言及

【インド音楽】より

…この形式はビーナー,バイオリン,笛などによっても独奏され,打楽器はムリダンガという,古代の文献に記されている太鼓が用いられる。北方の声楽の一形式であるドルパドは,16世紀にアクバルの宮廷音楽家ターン・センTān Senによって現在の様式に完成されたといわれる。よりポピュラーなカヤールは,擦弦楽器のサーランギーの伴奏がつき,両者の掛合いはまた即興の妙技である。…

※「ドルパド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone