コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドルワール・ド・レゼー ドルワール・ド・レゼー Drouart de Lézey, Lucien

1件 の用語解説(ドルワール・ド・レゼーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドルワール・ド・レゼー
ドルワール・ド・レゼー
Drouart de Lézey, Lucien

[生]1849.4.27. ダンケルク
[没]1930.11.3. 静岡
フランスカトリック司祭,パリ外国宣教会所属,神山復生病院長。 1873年来日,東日本各地で布教後,97年東京関口教会主任となった。 1909年教学研鑽和仏協会設立,『公教学術雑誌』などカトリック書籍の刊行に尽力し,『真理の本源』 (1896) などを著わし,明治,大正のカトリック思想界に貢献した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドルワール・ド・レゼーの関連キーワードダンケルクダンマルクダンケ断結スプリンケル債ダンケルドダンケルド大聖堂ダンケルクの悲劇ダンケルク撤退作戦フランケル法 (Frankel method)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone