コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドルワール・ド・レゼー Drouart de Lézey, Lucien

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドルワール・ド・レゼー
Drouart de Lézey, Lucien

[生]1849.4.27. ダンケルク
[没]1930.11.3. 静岡
フランスのカトリック司祭,パリ外国宣教会所属,神山復生病院長。 1873年来日,東日本各地で布教後,97年東京関口教会主任となった。 1909年教学研鑽和仏協会設立,『公教学術雑誌』などカトリック書籍の刊行に尽力し,『真理の本源』 (1896) などを著わし,明治,大正のカトリック思想界に貢献した。 18年神山病院長となり私財を投じて余生を救癩事業に捧げ,藍綬褒章を受けた。『最近進化論』 (1909) ,『社会主義と自由思想』 (11) ,『ルルドの洞窟』 (25) など著書多数。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ドルワール・ド・レゼー

生年月日:1849年4月27日
フランスのカトリック司祭
1930年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

ドルワール・ド・レゼーの関連キーワード生年月日

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android