コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダンケルク ダンケルク Dunkerque

7件 の用語解説(ダンケルクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダンケルク
ダンケルク
Dunkerque

ランス北部,ノール県ドーバー海峡にのぞむ港湾・工業都市。北部工業地帯を後背地にもつ,同国の主要港の一つ。名称はフラマン語で「砂丘の教会」を意味し,7世紀に建てられた聖堂に由来するといわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ダンケルク(Dunkerque)

フランス北部、ドーバー海峡に面する港湾都市。鉄鋼業が盛ん。第二次大戦中の1940年、ドイツ軍に敗れたイギリスフランス軍が劇的撤退をした地。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ダンケルク

フランス北部,ノール県の都市。ドーバー海峡に臨む港湾都市。鉄道,運河の中心で,製鉄,製油,繊維,食品などの工業が行われる。960年に城塞(じょうさい)が築かれ,オーストリアスペイン,英国などの支配を経て,1662年にフランス領。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

ダンケルク

《Dunkerque》フランス海軍の戦艦。ダンケルク級の1番艦。1935年進水、1938年就役の高速戦艦。同型艦にストラスブールがある。第二次世界大戦中の1942年、ドイツ軍の侵攻のためドック内で自沈処理。戦後の1945年に浮揚・解体された。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ダンケルク【Dunkerque】

フランス北部ノール県の港湾・工業都市。人口7万1000(1990)。第2次大戦による壊滅の後再建され港湾が拡充されて,貨物輸送量約4000万t(1980),フランス第3の港である。1960年代以降,既存工業(精油,造船,製鉄など)の発展に加え,ユジノールUsinor製鉄や石油化学企業などの新規立地がみられ,郊外隣接市町村をあわせて一大臨海工業地帯を形成している。中世に漁村として成立した後,フランドルブルゴーニュ,オーストリア,スペインなどの支配の下に要塞拠点となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ダンケルク【Dunkerque】

フランス北部、ドーバー海峡に面する港湾都市。鉄鋼・造船などの工業が発達。第二次大戦初期の1940年、独軍に敗れた英仏軍がこの地からイギリスに撤退。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダンケルク
だんけるく
Dunkerque

フランス北部、ノール県の都市。人口7万0850(1999)。ベルギー国境に近く、ドーバー海峡に面し、フランス第3の貿易港を有する。鉄道や道路、運河が集まる交通の要地で、ブリューエ・アンナルトア、ランス、リールルーベートゥールコアンドゥエバランシェンヌ、ドナンなどの都市とともにフランドル工業地帯を形成している。この地帯には、フランス第1位の出炭量を誇る北フランス炭田があるため、ダンケルクには鉄鋼を中心とした臨海コンビナートがつくられている。また石油精製所、火力発電所などもあり、港湾施設の拡張整備も進んで工業発展の基盤が整備されている。その他の工業としては造船、セメント、食品などが盛ん。[高橋伸夫]

歴史

7世紀に聖エロアが礼拝堂を建て、960年ごろにフランドル伯が防壁を築いた。ダンケルクの名はフラマン語の「砂丘の教会」に由来し、1067年に史料に初出するが、当時は小漁港にすぎなかった。1384年からはフランドル伯領とともにブルゴーニュ公国に属し、1477年からはオーストリア、ついでスペインの支配を受けた。1646年にフランスが初めて占領するが、その後スペイン、ふたたびフランス、ついでイギリスの支配に属し、1662年になってフランスの支配が確立した。17世紀末には著名な海軍軍人ジャン・バールJean Bart(1650―1702)が、ここを根拠地としてイギリスおよびオランダとの海戦に活躍する。1713年のユトレヒト条約で防壁は撤去されたが、のちに再建され、1793年のイギリス軍の包囲に耐えた。19世紀、とりわけ第三共和政期には港湾都市として目覚ましく発展した。第二次世界大戦中の1940年、ドイツ軍の猛攻下に英仏連合軍33万5000人がここからイギリスへの撤退を遂行したことは有名である。[江川 温]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ダンケルクの関連キーワードアントウェルペンツールーズノーフォークバランシエンヌルーベガイヤール城サナリーシュルメールノールパドカレーレザンドリートゥールコアン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ダンケルクの関連情報