私財(読み)しざい

精選版 日本国語大辞典 「私財」の意味・読み・例文・類語

し‐ざい【私財】

〘名〙 個人の所有する財産私有財産。〔文明本節用集(室町中)〕
※古活字本毛詩抄(17C前)一八「今国の政をせらるるは民の私財をば何共なうせらるるぞ」 〔礼記‐曲礼上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「私財」の意味・読み・例文・類語

し‐ざい【私財】

個人の所有する財産。「福祉活動に私財を投じる」
[類語]資産財産恒産家財身代資財財貨貨財私産家産身上しんしょう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「私財」の読み・字形・画数・意味

【私財】しざい

個人の財産。財産を自分のものとする。〔礼記、坊記〕母在(いま)すときは、敢て其の身を(自由に)(たも)たず。敢て其の財を私せず。

字通「私」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android