コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドージャの反乱 ドージャのはんらんDózsa Rebellion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドージャの反乱
ドージャのはんらん
Dózsa Rebellion

ハンガリーにおける 16世紀の農民一揆 (1514) 。王権の衰退とともに,貴族階級が勃興。貴族は行政を左右し,莫大な個人財産を取得,他方,農民はその重圧のもとに貧窮した。 1514年4月 16日,オスマン帝国に対する十字軍が提唱され,10万余の農民が徴集されたが,5月 23日計画が中止になった。しかし農民は手にした武器を離さず,ドージャ・ジェルジの指揮下に貴族に対する反乱に立上がった。数百軒の館が焼払われ,数千人の貴族が殺され,一時はブダ (現ブダペスト) も脅かされるにいたったが,同年 10月,トランシルバニア侯サーポヤイ・ヤーノシュ (のちのハンガリー王) によってテメシュバール (現ルーマニアのティミショアラ) で鎮圧された。ドージャは捕えられて死刑に処せられ,貴族議会は農民に対する罰として以前に倍する過酷な賦役を課し,その自由をまったく奪った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ドージャの反乱の関連キーワードウラディスラフ2世ヤゲロウェツ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android