コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農民一揆 ノウミンイッキ

3件 の用語解説(農民一揆の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

のうみん‐いっき【農民一×揆】

封建社会において、農民が領主に対して起こした反抗運動。日本では中世に土一揆(つちいっき)徳政一揆、近世に百姓一揆としてあらわれた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

農民一揆【のうみんいっき】

封建領主に対する農民の集団的な武力蜂起(ほうき)。領主制の経済的危機が深まる14―15世紀以降のヨーロッパに頻発(ひんぱつ)。農民層の没落や貧窮よりは,その社会的・経済的地位の向上や致富による例が多い。
→関連項目飯田事件島原の乱脱隊騒動

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

のうみんいっき【農民一揆】

封建社会において、農民が領主の圧政などに対して起こした集団的反抗運動。日本では室町時代に土一揆・国一揆・一向一揆、江戸時代には百姓一揆として発生、特に幕末に頻発し封建社会の基礎を揺るがした。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

農民一揆の関連情報