コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドーパ ドーパ dopa

翻訳|dopa

4件 の用語解説(ドーパの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ドーパ(dopa)

3,4-ジヒドロオキシフェニルアラニンの別名。アミノ酸の一種。人間の尿、副腎(ふくじん)などに検出される。また、このアミン誘導体はドーパミン呼ばれる。→ドーパミン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

ドーパ

 C9H11NO4 (197.19).

 ジヒドロキシフェニルアラニン.カテコールアミンの一つ.体内に遊離型で存在する.チロシン代謝中間体で,メラニン色素エピネフリンノルエピネフリンなどの合成の原料.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ドーパ【DOPA】

3 -ヒドロキシチロシン。化学式 C9H11NO4 天然にはマメ類に存在する。無色で無味・無臭の結晶。ドーパミンの生体内前駆物質。パーキンソン病治療薬。

ドーパ【DOPA】

〖dihydroxyphenylalanine〗
ドーパ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドーパの関連キーワード佐賀関職権濫用罪伊方きらら館きなはい屋しろかわ清流の里ひじかわ瀬戸農業公園ゆすはら萩陶芸家協会アッタロス[1世]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドーパの関連情報