ドーピング・コントロール(英語表記)doping control

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドーピング・コントロール
doping control

ドーピングが行なわれているか否かを確認する検査。マスコミなどでドーピング検査,あるいはドーピング・テストといわれている言葉と同義で,IOCでは,ドーピング・コントロールを公用語として採用している。具体的には,競技終了後,検査対象とする選手から約 80mlの尿を採取し,この尿を分析することによってドーピング指定薬物を使用したか否かを決定する。なお,IOCがオリンピックでドーピング・コントロールを行なうようになったのは,1968年,グルノーブルの冬季大会以降である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android