コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドーピング・コントロール doping control

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドーピング・コントロール
doping control

ドーピングが行なわれているか否かを確認する検査。マスコミなどでドーピング検査,あるいはドーピング・テストといわれている言葉と同義で,IOCでは,ドーピング・コントロールを公用語として採用している。具体的には,競技終了後,検査対象とする選手から約 80mlの尿を採取し,この尿を分析することによってドーピング指定薬物を使用したか否かを決定する。なお,IOCがオリンピックでドーピング・コントロールを行なうようになったのは,1968年,グルノーブルの冬季大会以降である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ドーピング・コントロールの関連キーワード反ドーピング

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android