コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドーベルマン・ピンシェル[種] Doberman pinscher

世界大百科事典 第2版の解説

ドーベルマン・ピンシェル[種]【Doberman pinscher】

原産地がドイツの警察犬(イラスト)。19世紀末から20世紀初めに育種固定された最も新しい犬種の一つ。名称はこのイヌの作出者カール・ルイス・ドーベルマンに由来し,すでにシェパード,ボクサー,シュナウツァーなどが華々しく発展していた当時,彼は,力強く優美さを兼備したサラブレッドのような作業犬を理想にえがいて育種したと伝えられる。彼は育種記録を秘密にしていたので研究経過は不明であるが,すでに牧畜犬として活躍していたロットワイラーRottweilerが基礎犬であることはまちがいなく,後にマンチェスター・テリア,グレーハウンドの血液も取り入れられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ドーベルマン・ピンシェル[種]の関連キーワードマンチェスター・テリア