コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

断尾 だんび

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

断尾
だんび

家畜の切断すること。特にめん羊は地に引きずるほど尾が伸び,雌では糞尿でよごれたり,交配にも不便であるため,また犬などでは容姿を美しくするために,生後 10~14日頃に行う。方法には烙鉄,ナイフなどによる切断,ゴム輪による結紮などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

だん‐び【断尾】

イヌ・ネコ・ウマなど、家畜の尾の一部または全部を切り取ること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

だんび【断尾 docking】

家畜の尾を切り落とすこと。疾患の外科的療法として行われるほか,健康な動物についても外観を良くする目的や生産上の利益のために断尾する場合も多い。イヌでは体型のつり合いを保つために行われ,切断部位も品種によって異なる。ふつうテリアは先端の1/3を切り落とし,ジャーマン・ポインターは1/2,ドーベルマンボクサーなどは根もとから切り落とす。ヨーロッパでは馬車輓馬(ばんば)の尾を切る風習があるが実利は少なく,カやハエの多い土地では害のほうが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

だんび【断尾】

動物の尾の一部または全部を切り落とすこと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の断尾の言及

【ドッキング】より

…宇宙空間で二つ以上の宇宙船が結合することをいい,ランデブーrendezvous(二つの宇宙船が同じ軌道に入り,接近した状態でともに飛行すること)に引き続いて行われるものである。1966年にジェミニ10号とその目標船が有人ドッキングに初めて成功し,67年にはコスモス186号と188号とが無人ドッキングに成功した。さらに大きな意味をもったドッキングには,アポロ計画での月着陸船(LM)と司令船(CSM)のドッキングや,アポロ・ソユーズ共同飛行における米ソ宇宙船のドッキングがある。…

※「断尾」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

断尾の関連キーワードキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルワイヤヘアード・フォックス・テリア[種]オールド・イングリッシュ・シープドッグオールドイングリッシュシープドッグミニチュア・ピンシェル[種]ミニチュア・シュナウザードーベルマン・ピンシェルジャーマン・ポインターミニチュアピンシャーヨークシャー・テリアコッカー・スパニエルコッカースパニエルフォックス・テリアヨークシャーテリアフォックステリアエアデールテリアスコッチテリアシュナウザーワイマラナーハクニー種