コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ド級艦 ドきゅうかん

2件 の用語解説(ド級艦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ド級艦
ドきゅうかん

ドレッドノート」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ド級艦
どきゅうかん
dreadnought

1906年以降竣工(しゅんこう)の、単一口径主砲を多数装備した戦艦、巡洋戦艦の総称。1906年イギリスで、中間砲、15センチ副砲を全廃し、主砲多数(30センチ砲10門)搭載の戦艦ドレッドノートDreadnoughtが完成、従来の戦艦はその価値を失った。以後、各国で単一口径主砲の戦艦が建造され、これをドレッドノート級の意味でド(弩)級戦艦とよんだ。ド級戦艦はさらに強大化し、34センチメートル以上の主砲搭載艦を超ド級戦艦super-dreadnoughtと称した。戦艦ドレッドノートと同時に単一口径主砲の巡洋戦艦が出現し、ド級、超ド級戦艦に対応したものを、ド級、超ド級巡洋戦艦とよぶ。[阿部安雄]
『『世界の戦艦 弩級戦艦編』(1999・世界文化社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone