コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広津和郎 ひろつかずお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

広津和郎
ひろつかずお

[生]1891.12.5. 東京
[没]1968.9.21. 熱海
小説家。広津柳浪の次男。 1913年早稲田大学英文科卒業。在学中,葛西善蔵らと『奇蹟』を創刊。評論活動を経て小説に転じ,大学卒業後半年間就職した経験に基づく『神経病時代』 (1917) が出世作となった。 16年から総合誌『洪水以後』の文芸時評欄を担当,のちにそれらの評論を『作者の感想』 (20) にまとめた。小説では『師崎行』 (18) ,『波の上』 (19) があり,昭和期には『わが心を語る』 (29) ,『風雨強かるべし』 (36) などで,誠実な知識人としての苦悩を描いた。第2次世界大戦後は,A.カミュの『異邦人』をめぐる中村光夫との論争,松川事件政治性と正面から取組んだ評論『松川裁判』 (54~58) などで知られた。回想録に『年月のあしおと正続 (63~67) がある。 50年芸術院会員。文芸家協会会長をつとめた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

広津和郎【ひろつかずお】

小説家,評論家。広津柳浪の子。東京生れ。早大英文科卒。在学中葛西善蔵らと同人誌《奇蹟》創刊。初め文芸評論家として活躍したが,《中央公論》に《神経病時代》を発表して作家としても注目され,《風雨強かるべし》などで知識人の苦悩を描いた。
→関連項目宇野浩二滝田樗陰谷崎精二中央公論晩春文学界

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広津和郎 ひろつ-かずお

1891-1968 大正-昭和時代の小説家,評論家。
明治24年12月5日生まれ。広津柳浪(りゅうろう)の次男。早大在学中の大正元年葛西(かさい)善蔵らと同人誌「奇蹟」を創刊。6年「中央公論」に「神経病時代」を発表。戦後,中村光夫との「異邦人」論争などおおくの文学論争にかかわり,また「松川裁判」をあらわして裁判批判を展開した。昭和43年9月21日死去。76歳。東京出身。評論集に「わが文学論」など。
【格言など】個性々々と云って,一つの石ころが他の石ころと違うことを得意になっても,お前さん方を大勢一緒に集めて見たら,ただの「砂利」ではないか(「年月のあしおと」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひろつかずお【広津和郎】

1891‐1968(明治24‐昭和43)
小説家,評論家。硯友社の作家広津柳浪(りゆうろう)の次男として東京市牛込区に生まれる。早稲田大学英文科卒業。正宗白鳥チェーホフアルツィバーシェフなどの影響を受け,創作や翻訳を始め,1912年舟木重雄,葛西善蔵らと同人雑誌《奇蹟》を創刊。17年,同時代の青年像を〈性格破産者〉として描いた《神経病時代》で新進作家として認められる。また,《怒れるトルストイ》《志賀直哉論》などを収めた評論集《作者の感想》(1920)を刊行,評論家としての評価も高まる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひろつかずお【広津和郎】

1891~1968) 小説家・評論家。東京牛込生まれ。広津柳浪の次男。早大卒。同人誌「奇蹟」を創刊。「神経病時代」で文壇にデビュー。現実に密着しつつ理想を追求する強靭きようじんな批評精神によりすぐれた評論活動を行なった。「作者の感想」は大正期評論の白眉はくび。主著「風雨強かるべし」「松川裁判」「年月のあしおと」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

広津和郎
ひろつかずお
(1891―1968)

小説家。明治24年12月5日、東京市牛込区(現新宿区)矢来町に硯友社(けんゆうしゃ)の作家広津柳浪(りゅうろう)の次男として生まれた。麻布(あざぶ)中学時代から『女子文壇』や『萬朝報(よろずちょうほう)』に投書し、ときどき賞金をもらう。1912年(大正1)早稲田(わせだ)大学英文科在学中に同人雑誌『奇蹟(きせき)』の創刊に加わり、短編、翻訳などを発表。13年に卒業。約半年『毎夕新聞』に勤め、退社後、16年、雑誌『洪水以後』の文芸時評を担当し、まず批評家として認められた。「怒れるトルストイ」(1917)、「志賀直哉(なおや)論」(1919)などの評論はのちに『作者の感想』(1920)に収録され、大正期評論の白眉(はくび)とされている。創作では17年の『神経病時代』を出世作とし、以後の作品は『二人の不幸者』(1918)などの性格破産者物と、『やもり』(1919)などの私小説の二系列に分かれるが、いずれかといえば後者がより高く評価されている。
 その後、有島武郎(たけお)との「宣言一つ」論争(1922)などを通じてしだいに現実や社会への関心を深め、「散文芸術の位置」(1924)で人生に密着した小説の特性を明らかにした。また新興のプロレタリア文学にはその政治万能主義を警戒しつつ自由な知識人の立場から接近し、同伴者作家とよばれた。『風雨強かるべし』(1933~34)はその代表作といえる。昭和10年代の軍国主義の時流には「散文精神について」(1936)、「心臓の問題」(1937)などで鋭い反発をみせた。戦後には中村光夫(みつお)との『異邦人』論争(1951)で批評精神の健在を示し、『松川裁判』(1958)や、『年月のあしおと』正続(1963、67)にその資質をみごとに開花させた。小説構成力には劣るが、現実への鋭い追求心と理想家的な情熱とをあわせもち、しかも型にとらわれない柔軟な思考で知識人の生き方や庶民の哀歓を描いたところに広津文学の独特な魅力がある。芸術院会員。昭和43年9月21日没。[橋本迪夫]
『『広津和郎全集』全13巻(1973~74・中央公論社) ▽橋本迪夫著『広津和郎』(1965・明治書院・近代作家叢書) ▽間宮茂輔著『広津和郎 この人との五十年』(1969・理論社・たいまつ双書) ▽広津桃子著『父広津和郎』(1973・毎日新聞社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

広津和郎の関連キーワード日本文芸家協会池宮城 積宝池宮城積宝佐竹 龍夫広津 桃子くらくら宣言一つ相馬泰三細田民樹堀江 朔嶺田 弘広津桃子容体振るぐれはま時世時節新現実派舌怠い人生派手遊び松川

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

広津和郎の関連情報