あて字(読み)あてじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

あて字
あてじ

いろいろの意味に使われるが,一般に,日本語漢字で表記する際,者の対応関係が「本来の正しいものではない」と主観的に感じられる場合の漢字をいう。広義では,いわゆる嘘字誤字まで含むこともあるが,普通その使用が社会的慣用となっている場合をさす。たとえば,(1) 仮借 (かしゃ) の原理で,漢字の意味とは無関係にその発音 (「音」または「訓」) によって日本語の単語の音形を表わそうとしたもの (「丁度」「目出度い」など。ただし「倶楽部〈くらぶ〉」「囲炉裏いろり〉」のように多少とも意味の関連のある「ふさわしい字」を用いたものもある) と,(2) 漢字一字一字の読みとは関係なく,連字全体の意味に近い意味の日本語を表わす熟字訓 (「田舎」「土産」「海苔」) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あて字の関連情報