コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あて字 あてじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

あて字
あてじ

いろいろの意味に使われるが,一般に,日本語漢字で表記する際,者の対応関係が「本来の正しいものではない」と主観的に感じられる場合の漢字をいう。広義では,いわゆる嘘字誤字まで含むこともあるが,普通その使用が社会的慣用となっている場合をさす。たとえば,(1) 仮借 (かしゃ) の原理で,漢字の意味とは無関係にその発音 (「音」または「訓」) によって日本語の単語の音形を表わそうとしたもの (「丁度」「目出度い」など。ただし「倶楽部〈くらぶ〉」「囲炉裏いろり〉」のように多少とも意味の関連のある「ふさわしい字」を用いたものもある) と,(2) 漢字一字一字の読みとは関係なく,連字全体の意味に近い意味の日本語を表わす熟字訓 (「田舎」「土産」「海苔」) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

あて字の関連キーワード日本メソジスト教会やぶ入り(藪入り)ヴィセンテ洞院借り字・借字補陀洛渡海キリシタン見事・美事李部王記破提宇子綴字発音山椒太夫ゼットン経伝釈詞そろばん承察度王為永春水ビール歌舞伎親雲上手古舞

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あて字の関連情報