コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナウエル・ウアピ[湖](英語表記)Lago Nahuel Huapí

世界大百科事典 第2版の解説

ナウエル・ウアピ[湖]【Lago Nahuel Huapí】

アルゼンチンの南西部にある湖。アンデス山脈東麓のパタゴニア地方には,氷河作用によってできた大湖沼群があり,湖水地方と呼ばれている。ネグロ川上流のナウエル・ウアピ湖は,これら湖沼群の中で最大の面積800km2を有し,湖面標高は約770m。また水深は1000m以上といわれており,世界第3位の深さである。複雑に入り組んだ湖には大小の島があり,トロナドル山を望む景観が美しく,周辺は国立公園になっている。【西沢 利栄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android