コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナウエル・ウアピ[湖] Lago Nahuel Huapí

1件 の用語解説(ナウエル・ウアピ[湖]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ナウエル・ウアピ[湖]【Lago Nahuel Huapí】

アルゼンチンの南西部にある湖。アンデス山脈東麓のパタゴニア地方には,氷河作用によってできた大湖沼群があり,湖水地方と呼ばれている。ネグロ川上流のナウエル・ウアピ湖は,これら湖沼群の中で最大の面積800km2を有し,湖面標高は約770m。また水深は1000m以上といわれており,世界第3位の深さである。複雑に入り組んだ湖には大小の島があり,トロナドル山を望む景観が美しく,周辺は国立公園になっている。【西沢 利栄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone