ナウエル・ウアピ[湖](英語表記)Lago Nahuel Huapí

世界大百科事典 第2版の解説

ナウエル・ウアピ[湖]【Lago Nahuel Huapí】

アルゼンチンの南西部にある湖。アンデス山脈東麓のパタゴニア地方には,氷河作用によってできた大湖沼群があり,湖水地方と呼ばれている。ネグロ川上流のナウエル・ウアピ湖は,これら湖沼群の中で最大の面積800km2を有し,湖面標高は約770m。また水深は1000m以上といわれており,世界第3位の深さである。複雑に入り組んだ湖には大小の島があり,トロナドル山を望む景観が美しく,周辺は国立公園になっている。【西沢 利栄】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android