ナウエルワピ湖(読み)ナウエルワピこ(英語表記)Lago Nahuel Huapí

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ナウエルワピ湖」の解説

ナウエルワピ湖
ナウエルワピこ
Lago Nahuel Huapí

アルゼンチン中南部,ネウケン,リオネグロ両州にまたがるチリとの国境に連なるアンデス山脈中にあり,湖面標高 767m。面積約 550km2水深 400m以上の深い湖で,湖中にはビクトリア島をはじめとする多数の島が点在東部からリマイ川が流出し,ネウケン川と合流してネグロ川となり,大西洋に注ぐ。森林におおわれた湖岸屈曲に富み,周囲にアンデスの高峰をのぞむ風光明美の地で,湖では魚釣りやボート遊びができるため,大衆的な観光・保養地となっている。ナウエルワピはインディオアラウカノ族の言語で「ジャガーの島」の意。沿岸主要都市は南岸のサンカルロスデバリロチェ

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「ナウエルワピ湖」の解説

ナウエルワピ‐こ【ナウエルワピ湖】

Lago Nahuel Huapí》アルゼンチン南部、リオネグロ州ネウケン州にまたがる湖。アンデス山脈東麓のパタゴニア地方の氷河湖で、最大水深は400メートル以上。中央にビクトリア島がある。周辺一帯はナウエルワピ国立公園に指定。ナウエルウアピ湖

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android