コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナガクチキムシ ナガクチキムシMelandryidae; false darkling beetle

2件 の用語解説(ナガクチキムシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナガクチキムシ
ナガクチキムシ
Melandryidae; false darkling beetle

鞘翅目ナガクチキムシ科の昆虫の総称。多くは体長 10mm以下の甲虫で,体は細長いものが多いが,長卵形のものもある。頭部は後方で頸状をなすことはない。前胸は前方にせばまり,明らかな側縁がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナガクチキムシ
ながくちきむし / 長朽木虫

昆虫綱甲虫目ナガクチキムシ科Melandryidaeの昆虫の総称。世界各地に分布し、温帯域に多く、1000以上の種類が知られており、日本からも約70種が記録されている。体長3~20ミリメートルぐらい。長卵形から長い円筒形ないし舟形で、脚(あし)(ふせつ)は5節で後脚だけ4節、多くの種は脛節(けいせつ)先端の棘(とげ)に微細なぎざぎざがある。森林地帯にすみ、成虫はキオビホソナガクチキムシPhloeotrya flavitarsisやアオバナガクチキムシMelandrya gloriosaの類などのように枯れ木や倒木にくるものや、ヨツボシヒメナガクチキムシHolostrophus lewisi、ニセハナノミ属Orchesiaなどキノコに集まるものがあり、幼虫も枯れ木やキノコにすむが、アオオビナガクチキムシ属Osphyaは成虫が花に集まる。
 近縁のキノコムシダマシ科Tetratomidaeは脚の(ふせつ)に葉片がなく、脛節先端の棘にはぎざぎざもない。モンキナガクチキムシ、ルリキノコムシダマシなど日本に10種近く産し、キノコや枯れ木にすむ。[中根猛彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone