コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナガバノスミレサイシン Viola bisseti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナガバノスミレサイシン
Viola bisseti

スミレ科多年草で,関東以西の太平洋側を九州まで分布し,山地の林下に生える。通常無毛。葉は少く,三角状長卵形で長さ5~10cm,先はとがり基部は深い心形。托葉は離生し,長さ 1cm。花は4~5月に咲き,淡青紫色で径 2cmほどになる。唇弁に紫条がある。側弁は無毛。は短くて太く,長さ 4mm。この種とは対照的に日本海側には近縁スミレサイシンが分布している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のナガバノスミレサイシンの言及

【スミレ】より

…千島列島南部,北海道南西部,本州に分布し,日本海側の多雪地帯のブナ林下などでしばしば大群落をつくる。ナガバノスミレサイシンV.bisseti Maxim.はスミレサイシンに近い種で,基本的にはよく似ているが,葉身は狭く,三角状広披針形。花弁も狭い。…

※「ナガバノスミレサイシン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報