コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナスルッラー Naṣr Allāh, Abū al-Ma`ālī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナスルッラー
Naṣr Allāh, Abū al-Ma`ālī

ペルシアの文人。ガズニー朝バフラーム・シャーに仕え,王の命により 1144年頃寓話『カリーラとディムナ』をアラビア語からペルシア語に訳した。華麗な文体で知られるこの作品はペルシア散文史上に高い位置を占めている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナスルッラー
なするっらー
Ab al-Ma‘l Narullh

生没年不詳。ペルシアの文人。12世紀の人。シーラーズ出身といわれ、ガズニー朝スルタン、バフラーム・シャーに仕えた。インド寓話(ぐうわ)を起源とする『カリーラとディムナ』のアラビア語訳を1144年ごろ華麗な文体でペルシア語散文に翻訳しスルタンに捧(ささ)げた。ペルシア散文史上最初の技巧的文体の作品として知られ、後世の作者に大きな影響を与えた。詩も多く挿入されている。[黒柳恒男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android