コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナスルッラー ナスルッラーNaṣr Allāh, Abū al-Ma`ālī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナスルッラー
Naṣr Allāh, Abū al-Ma`ālī

ペルシアの文人。ガズニー朝バフラーム・シャーに仕え,王の命により 1144年頃寓話『カリーラとディムナ』をアラビア語からペルシア語に訳した。華麗な文体で知られるこの作品はペルシア散文史上に高い位置を占めている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ナスルッラー
なするっらー
Ab al-Ma‘l Narullh

生没年不詳。ペルシアの文人。12世紀の人。シーラーズ出身といわれ、ガズニー朝スルタン、バフラーム・シャーに仕えた。インド寓話(ぐうわ)を起源とする『カリーラとディムナ』のアラビア語訳を1144年ごろ華麗な文体でペルシア語散文に翻訳しスルタンに捧(ささ)げた。ペルシア散文史上最初の技巧的文体の作品として知られ、後世の作者に大きな影響を与えた。詩も多く挿入されている。[黒柳恒男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android