ナット・ポエー(英語表記)Nat Pwe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビルマ (現ミャンマー) の精霊舞踊。ビルマは仏教国であるが,ナットという信仰も強くみられる。ナットは樹木の精,動物の精,村を守る守護霊であり,また不幸や疫病をもたらす悪霊とも考えられ,供物や祈りによってこの目に見えないナットを慰める。ナットの霊を受けた霊媒者ナット・カダウは,憑依 (トランス) 状態になって,上下にとび上がり,祈祷し,米,ココナツ,バナナを天界の至高神,大地の王に捧げ,天界から大地を祝福する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android