ナット・ポエー(英語表記)Nat Pwe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナット・ポエー
Nat Pwe

ビルマ (現ミャンマー) の精霊舞踊。ビルマは仏教国であるが,ナットという精霊の信仰も強くみられる。ナットは樹木の精,動物の精,村を守る守護霊であり,また不幸や疫病をもたらす悪霊とも考えられ,供物や祈りによってこの目に見えないナットを慰める。ナットの霊を受けた霊媒者ナット・カダウは,憑依 (トランス) 状態になって,上下にとび上がり,祈祷し,米,ココナツ,バナナを天界の至高神,大地の王に捧げ,天界から大地を祝福する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android