ナット・ポエー(英語表記)Nat Pwe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナット・ポエー
Nat Pwe

ビルマ (現ミャンマー) の精霊舞踊。ビルマは仏教国であるが,ナットという精霊の信仰も強くみられる。ナットは樹木の精,動物の精,村を守る守護霊であり,また不幸や疫病をもたらす悪霊とも考えられ,供物や祈りによってこの目に見えないナットを慰める。ナットの霊を受けた霊媒者ナット・カダウは,憑依 (トランス) 状態になって,上下にとび上がり,祈祷し,米,ココナツ,バナナを天界の至高神,大地の王に捧げ,天界から大地を祝福する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android