ナマンガン州(読み)ナマンガン(英語表記)Namangan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナマンガン〔州〕
ナマンガン
Namangan

ウズベキスタン東部の州。州都ナマンガンフェルガナ盆地北部を占め,北西部から北部にかけてクラミンスキー山脈があり,南部はシルダリアの流れる平地となっている。乾燥した大陸性気候で,年降水量 100~400mm。半砂漠,砂漠地帯が多い。住民の 60%以上は農村に居住し,灌漑農業により綿花,アルファルファ,穀物やブドウその他の果樹などを栽培する。畜産 (ウシ,ヤギ,ヒツジ) ,養蚕も盛んである。鉱工業では金と建設資材の採掘,繊維 (繰綿,綿・絹織物) ,食品 (缶詰,油脂) が主要なものである。州内をフェルガナ環状鉄道が通る。シルダリアの北に同川にほぼ沿って北フェルガナ運河が建設されている。面積 7900km2。人口 155万 7800 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android