コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナミキソウ(浪来草) ナミキソウScutellaria strigillosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナミキソウ(浪来草)
ナミキソウ
Scutellaria strigillosa

シソ科の多年草。日本,朝鮮半島,中国東北部,サハリンなどに広く分布する。各地の海岸の砂地に生え,細長い地下茎を伸ばして繁殖する。茎は高さ 10~40cmで直立し,しばしば分枝する。葉は対生し,長楕円状披針形で長さ 1.5~3.5cm,縁に鈍い鋸歯がある。7~8月,上部の葉腋に紫色の唇形花が1個ずつ同一方向を向いて開く。花冠は長さ 2cm内外で筒部は直立し,先は上下2唇に分れる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報