コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナンマトール遺跡 ナンマトールいせきNan Madol; Nanmadol

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナンマトール遺跡
ナンマトールいせき
Nan Madol; Nanmadol

ミクロネシア連邦カロリン諸島の主島ポンペイ島ポナペ島)南東岸のサンゴ礁に構築された 1200~1500年頃の人工島遺跡。柱状玄武岩と巨石サンゴを積み上げた宮殿,寺院,墓,居住施設の役割をもつ長方形の人工島が,間に水路を残して 100以上つくられている。中心はナンタウアスと呼ばれる王墓で,長さ 74m,幅 65m,高さは最高 7.5mで中心には石室墓があり,そのほか二重の囲壁の間にも墓がある。2016年世界遺産の文化遺産に登録。類似のものとしてコスラエ島クサイエ島)にレロ遺跡がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android