ナーガパティナム(英語表記)Nāgappattinam

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナーガパティナム
Nāgappattinam

インド南部,タミルナードゥ州東部,コロマンデル海岸にのぞむ港町。古くからヨーロッパ,ビルマ (現ミャンマー) ,スリランカなどと交易を行い,15世紀までインド南部では数少い仏教の栄えた地の一つ。 15世紀からはポルトガルオランダ,イギリスと領有者が交代。船舶修理,漁業のほか圧延工場があり,鋼管などを製造。手工業鉄製トランク,金庫製造が行われる。外人墓地や 1774年にオランダ人の建てた聖堂がある。人口8万 6155 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android