コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナーガパティナム Nāgappattinam

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナーガパティナム
Nāgappattinam

インド南部,タミルナードゥ州東部,コロマンデル海岸にのぞむ港町。古くからヨーロッパビルマ (現ミャンマー) ,スリランカなどと交易を行い,15世紀までインド南部では数少い仏教の栄えた地の一つ。 15世紀からはポルトガル,オランダ,イギリスと領有者が交代。船舶修理,漁業のほか圧延工場があり,鋼管などを製造。手工業鉄製トランク,金庫製造が行われる。外人墓地や 1774年にオランダ人の建てた聖堂がある。人口8万 6155 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

フェイクニュース大賞

第45代米国大統領のドナルド・トランプが、自らについての報道の中で事実と異なる不公平な報道をしたと主張する、2017年のニュースに贈った賞。18年1月17日に自身のTwitterで発表し、共和党のウェ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android