コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ナーシク寺 ナーシクじNāsik Temple

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ナーシク寺
ナーシクじ
Nāsik Temple

西部インド,マハーラーシュトラ州ナーシクにある仏教の石窟寺院。前1世紀から2世紀に造営された 24の石窟から成り,一部は6世紀頃まで増改築がなされた。第 18窟は初期仏教のチャイティヤ窟の代表例。第3窟は2世紀造営のビハーラ窟で,広間後壁中央には,浮彫を施したストゥーパがあるが,これは僧院の仏殿化への萌芽とみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ナーシク寺の関連キーワードチャイティヤ窟ビハーラ窟

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android