コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石窟寺院 せっくつじいん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石窟寺院
せっくつじいん

山崖や丘陵に掘り込んだ洞窟状の宗教施設の総称。通常はインド,中央アジア,中国などにある仏教関係のものと,主としてインドにあるヒンドゥー教,ジャイナ教関係のものをさす。施設の種類は多岐にわたるが,大別すると,礼拝対象の尊像ストゥーパ (仏塔) を祀るチャイティヤ (祠堂) 窟と,修行者 (僧) たちが居住するビハーラ (僧房) 窟とに分れる。石窟寺院の特色は一般の寺院に比べ耐久性が著しく強い点で,尊像の彫刻や壁画とともに,宗教美術史の宝庫ともいえる。インドの石窟は総数 1200以上に上り,約 80%が仏教関係で,その大半がウェスタンガーツ山脈の石灰岩地帯にある。年代のわかる最古の例はビハール州バラーバル丘とナーガールジュニ丘の石窟で前3~2世紀に属する。このほか主要なものとしてアジャンタ石窟エローラ石窟エレファンタ石窟カールリー石窟ウダヤギリ石窟バージャー石窟などがあげられる。アフガニスタンではバーミアーン石窟,中央アジアではキジル千仏洞クムトゥラベゼクリクなど,中国では敦煌莫高窟雲崗石窟竜門石窟などが代表的。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

石窟寺院【せっくつじいん】

岩山を掘って寺院としたもので,インド,アフガニスタン,中央アジア,中国の仏教寺院に多い。前4―前3世紀のインドに始まり,初期のものは1室からなるが,前1世紀ごろから構造が複雑化し,ストゥーパを中心とするチャイトヤ窟と多くの僧房で構成されるビハーラ窟の2形式が生まれた。
→関連項目アジャンターウダヤギリエレファンタ石窟エローラ鞏県石窟バーグバージャーバーダーミ石窟バーミヤーンベゼクリク石窟マハーバリプラム

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せっくつじいん【石窟寺院 cave temple】

丘陵や山崖を掘開し,目的用途に従って内部空間を整備した宗教施設の総称。窟院と略称する。構造材を架構した実際の建築による寺院に対応する寺院の一形式で,内部構造,平面形にそれが反映する場合が多い。また石窟だけで構成されるばかりでなく,実際の建築と石窟とが併用されることもある。単独の石窟はまれで,群集し,数窟から数百窟に及ぶ。したがって各時期の寺院構成は長期造営の場合必ずしも明らかでなく,年代決定は壁画・彫塑様式や碑銘,文献が手がかりとなり,構造,平面形からではむずかしいことが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せっくつじいん【石窟寺院】

岩壁にほらあなを掘り、内部に仏像を安置したり彫刻したりして寺院とした所。インドのアジャンター、中国の敦煌とんこう・雲崗うんこう・竜門などが有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石窟寺院
せっくつじいん

岩山の断崖(だんがい)面を利用して掘削した洞窟形式の宗教建築。本来は修行者が隠遁(いんとん)する簡単な洞窟から発展したものである。主として、インドの三大宗教である仏教、ヒンドゥー教、ジャイナ教によってつくられ、その影響を受けて中央アジアや中国にも広まっていった。石窟寺院という語は英語のcave templeあるいはrock-cut templeの漢語訳で、略して石窟、窟院ともいう。中国では敦煌莫高窟(とんこうばっこうくつ)第17号窟を蔵経洞というように、個々の窟を洞とよぶこともある。現在もっとも古い石窟は、インドのビハール州にあるアージビカ派僧侶(そうりょ)の窟で紀元前3世紀に始まる。仏教窟は前2世紀ごろから現れ、石窟内にストゥーパを設けて礼拝するチャイティヤ窟(塔院)と、僧侶が修行する部屋を設けたビハーラ窟(僧院)の2形式ができ、しだいにビハーラ窟に仏像を置いて本尊として礼拝するように変化した。アフガニスタンでは紀元後4世紀にバーミアン石窟がつくられ、中国では4世紀中ごろに敦煌莫高窟がつくられ、やがて雲崗(うんこう)、竜門(りゅうもん)など各地でこのような形式の石窟が広まっていった。石窟内の壁面には信者に絵解きをするための釈迦(しゃか)の本生譚(ほんじょうたん)、仏伝図、造営者の伝記などを描いて荘厳(しょうごん)した。朝鮮半島では慶州石窟庵(あん)や軍威石窟でわずかに石窟寺院に似た形式が伝わっているが、日本ではさらに退化したものとして磨崖仏(まがいぶつ)がつくられただけで、本格的な石窟寺院は発達しなかった。[江谷 寛]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の石窟寺院の言及

【魏晋南北朝美術】より

…西晋から五胡十六国にかけ,これらが金人,金像ともてはやされていたが,最古の後趙建武4年(338)の銘を持つ金銅仏座像は,すでにガンダーラ様式を感じさせぬように中国化している。しかしこの様式の金銅仏も,五胡十六国の終末と命運をともにし,5世紀になると,大規模な石窟寺院が営まれる。 石窟寺院の源流はインドにあり,アフガニスタンから中央アジアを経て甘粛に入り,まず敦煌莫高窟炳霊寺(へいれいじ)石窟麦積山石窟などが開削され,さらに東漸して雲岡,竜門などの石窟が造営された。…

【寺院建築】より

… やがて比丘たちもストゥーパを受容するようになり,ストゥーパと僧院よりなる伽藍が成立するが,その初期の形態はガンガー(ガンジス)平原の古い例が知られていないため不明である。前2世紀後期から盛んになる西部インドの石窟寺院は,内部にストゥーパを安置した祠堂窟1窟と比丘の住房である僧院窟数窟とを基本単位とする。僧院窟は紀元前後までには広間の3方に数個ずつの房室を並べる整然とした形式をとるようになる。…

【隋唐美術】より

…造寺造仏の頂点は高宗が発願し,皇后が化粧料を奉捨して成った洛陽の竜門奉先寺・本尊盧舎那仏であり,本尊は仏像の唐様式の完成を示している。石窟寺院は北魏についでさかんに造られ,隋では天竜山,雲門山,駝山などが開かれ,竜門にも造営された。隋から唐にかけては七尊形式はしだいに姿を消し,三尊・五尊形式の釈迦・阿弥陀の座像が好まれ,北魏の交脚像(弥勒)は倚座像にかわった。…

【チャイティヤ】より

…また初期の仏教徒の主たる礼拝対象であるストゥーパを指すこともある。チャイティヤ堂caitya‐gṛhaとはストゥーパを本尊とする祠堂であり,西部インドの仏教石窟寺院は祠堂と比丘の止住するいくつかの僧院とで構成された。チャイティヤ堂は,古くはストゥーパを安置する円堂,または円堂に長方形の前室を付加した形式をとる。…

【バーグ】より

…インド中部,マディヤ・プラデーシュ州インドールの西約150kmにある仏教石窟寺院。もろい岩質のために保存状態はよくない。…

【バージャー】より

…インド西部,マハーラーシュトラ州プネーの西約55kmにある仏教石窟寺院で,近くにはカールレーやベードサーの石窟もある。前2~後2世紀の22の石窟のうち,第12祠堂窟と第19僧院窟とは西部インド最古の石窟と考えられている。…

【仏像】より


【定義】
 仏教において主として礼拝の対象とされる彫刻や絵画による形像。一般的には彫像のみを指すことが多く,絵画によるものは仏画と呼んで区別する。仏画についてはその項を参照されたい。また仏陀の像のみを指す場合と,仏教の尊像すべてを総称して仏像と呼ぶ場合とがあり,前者を仏陀像,後者を仏教像として区別する必要がある。仏陀像は元来は仏教の開祖である釈迦仏に限られていたが,やがて過去仏や千仏の思想を生み,大乗仏教では阿弥陀,阿閦(あしゆく),薬師,毘盧遮那(びるしやな),大日(だいにち)などの仏陀(如来ともいう)が考え出された。…

※「石窟寺院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

石窟寺院の関連キーワードパタレーシュワラ石窟寺院アルビハーラ石窟寺院ダンブッラの黄金寺院ブバネーシュワルカーンヘリー石窟アジャンタ石窟群ガル・ビハーラマルキリガラガルビハーラゴアガジャマータレーバーダーミバーグ石窟アイホーレカンダギリ響堂山石窟麦積山石窟天竜山石窟龍門石窟千仏洞

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石窟寺院の関連情報