コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

初期仏教 しょきぶっきょう

世界大百科事典 第2版の解説

しょきぶっきょう【初期仏教】

釈迦によって創始され,彼の滅後直弟子たちが発展させた初期の仏教をいう。通常用いられる原始仏教という時代区分より,やや狭義ニュアンスがあるように思われる。 釈迦の時代のインドは,鉄器の利用により農産物が豊富になり富裕な商工業者が現れ,社会は爛熟し,旧来のベーダウパニシャッドに基づくバラモン教に疑問をもつ自由思想家が多く輩出し,釈迦もその中の一人であった。その教義は,中道四諦(したい),八正道縁起無我の諸説にまとめうる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の初期仏教の言及

【小乗仏教】より

…部派仏教ともアビダルマ仏教ともいわれる。小乗仏教の思想は釈迦とその直弟子たちの初期仏教と,後の大乗仏教を理解する上にも重要である。 小乗仏教の中で特に重要な部派は,大衆(だいしゆ)部説一切有(せついつさいう)部,犢子(とくし)部,化地(けち)部,法蔵部,経量(きようりよう)部などであるが,現存資料としてはスリランカ上座部の伝持するパーリ語で書かれた論蔵と,漢訳に伝わる説一切有部のものがほぼすべてであり,他部派の論蔵はきわめて少ない。…

※「初期仏教」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

初期仏教の関連キーワードキャロライン・オーガスタ デービズグリュンウェーデルI.B. ホーナープラークリット語カールリー石窟サーンチー大塔イコノクラスム救済(宗教)ダンマパーラ二仏並坐像早島 鏡正サーンチーブラフマーロックヒルナーシク寺バールフト苦集滅道大乗仏教仏教美術仏教音楽