ナージャ サレルノ・ソネンバーグ(英語表記)Nadja Salerno-Sonnenberg

現代外国人名録2016の解説

ナージャ サレルノ・ソネンバーグ
Nadja Salerno-Sonnenberg

職業・肩書
バイオリニスト

国籍
米国

生年月日
1961年

出生地
イタリア・ローマ

学歴
カーティス音楽学校プレ・カレッジ(フィラデルフィア),ジュリアード音楽学校

受賞
オベーション賞〔1988年〕,フィラデルフィア管弦楽団少年少女バイオリン・コンテスト第1位,ナウムバーグ国際バイオリン・コンクール第1位〔1981年〕

経歴
8歳の時、教師の勧めで家族と米国ニュージャージー州に移住。カーティス音楽学校プレ・カレッジでガラミアンと二宮ゆみに師事。10歳でフィラデルフィア管弦楽団の少年少女バイオリン・コンテストに優勝し、同管弦楽団とデビュー・コンサートを成功させる。ジュリアード音楽学校でドロシー・ディレイに師事。1981年史上最年少でニューヨーク・ナウムバーグ国際バイオリン・コンクールで優勝、一躍注目の的になり、北米を中心に本格的な演奏活動を始める。ラテン的情熱を秘めた個性派バイオリニストとしてコンサート、レコーディング、テレビ出演と活躍。その後、サンフランシスコのニュー・センチュリー管弦楽団の音楽監督も務める。’89年自伝「On My Way(ナージャ わが道をゆく)」を出版。’90年初来日。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

アウェイ育児

自身や配偶者の就職や転勤などに伴い、慣れない土地に移って子育てをすること。身近に相談できる親類縁者や友人が少なく、地域とのつながりも薄いケースが多い。また、夫の育児参加が少ないなどで孤立感を深めた母親...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android