コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンフランシスコ サンフランシスコ San Francisco

翻訳|San Francisco

5件 の用語解説(サンフランシスコの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンフランシスコ
サンフランシスコ
San Francisco

アメリカ合衆国カリフォルニア州中部の港湾都市太平洋サンフランシスコ湾の間にある半島の北端部に位置する。 1776年スペイン人により入植地が定められた。 1835年にサンフランシスコ湾に港が開かれ,港町として発展。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

サンフランシスコ
サンフランシスコ
San Francisco

アルゼンチン中北部,コルドバ州東部の都市。州都コルドバの東約 200km,サンタフェ州との州境にある。 1886年建設。パンパス呼ばれる広大な温帯草原の北西部に広がる農牧地帯の商工業中心地で,穀物,アマ,家畜などを集散し,アマニ油,皮革・製靴,乳製品,冷凍肉,農業器具,バッテリーなどの工業がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サンフランシスコ

米国,カリフォルニア州,太平洋岸の港湾都市。市街はサンフランシスコ湾と太平洋の間の細長い半島の北端にあり,北はゴールデン・ゲート橋で対岸のマリン半島と,東はベイ・ブリッジオークランドなどと連絡する。
→関連項目オークランド(アメリカ)トランスアメリカ・ピラミッドバークリーミルク

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

サンフランシスコ【San Francisco】

アメリカ合衆国カリフォルニア州中部の大都市。太平洋岸最大の良港で,市の北に架けられているゴールデン・ゲート橋は,アメリカ大陸とアジアとを結ぶ門として象徴的である。人口73万5000(全米13位,1994),オークランド,サノゼバークリーなどを含む大都市域人口は641万(1992)という人口密集地域であるが,この町の発展の歴史はきわめて浅い。 ゴールデンゲート海峡は非常に狭く,しかも霧で覆われていることが多いので,16世紀に航海してきたイギリスやスペインの探検家たちは,この海峡を発見できなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サンフランシスコ
さんふらんしすこ
San Francisco

アメリカ合衆国、カリフォルニア州北部の中心都市。人口77万6733(2000)。太平洋とサンフランシスコ湾、その間に開く幅1.6キロメートルゴールデン・ゲート海峡と、三方を海に囲まれた半島の先端に位置し、湾に面した海岸に埠頭(ふとう)が並ぶ天然の良港として発達した。
 現在は合衆国西部の行政・金融・交易・文化の中心地であるとともに、年間200万人が訪れる国際観光都市でもある。平均気温は1月が9.8℃、7月が17.3℃と寒暖の差が少なく、さわやかな地中海式気候に恵まれ、美しい都市景観とともに合衆国でももっとも魅力的な都市といわれる。市域は起伏に富み、40もの丘がある。都心もノッブ・ヒル、ルシアン・ヒルの二つの丘(海抜約110メートル)に展開し、急傾斜の街路を走るケーブルカー(3路線16キロメートル)は有名である。太平洋岸を南下するカリフォルニア寒流の上を偏西風が吹き込むと霧が発生し、ゴールデン・ゲート橋を包んで市の西部を覆うため、霧のサンフランシスコとしても知られる。
 金融都市として知られ、銀行としては世界最大級のバンク・オブ・アメリカの本拠地でもあり、市の中心のモンゴメリー街は西のウォール街と称される。工業では食品加工、ファッション製品、金属加工、印刷・出版などが盛んで、市内には約1500の工場がある。また、サンフランシスコ大学(1855創立)を中心とする文教都市でもある。
 面積は121平方キロメートル(海などウォーターエリアを入れると601平方キロメートル)と狭いが、対岸のオークランド市、バークリー市などを含む大都市圏域は7475平方キロメートルで、4本の橋と高速道路、高速鉄道網(BART(バート) Bay Area Rapid Transit)で結ばれている。BARTは、1974年に完成した海底トンネルで対岸と結んだ、営業路線114キロメートルの公共鉄道で、湾岸地域の一体的発展に貢献している。
 ピラミッド型をしたトランスアメリカ・ビル(260メートル)、世界最大のチャイナタウン、海の香り豊かなフィッシャーマンズ・ワーフ、ケーブルカー博物館、ゴールデン・ゲート公園、ジャパン・センター、市街を一望に見下ろすテレグラフ・ヒルのコイト・タワー、日米講和条約が結ばれたオペラ・ハウスなどが、観光対象としてあげられる。市内見物はケーブルカーが楽しく、市外へはBARTの周遊切符が安価で便利である。湾内に浮かぶアルカトラズ島は、速い潮流と冷たい海水に囲まれているため、刑務所として利用され、アル・カポネなどが収容されたこともある。現在は公開され、フェリーが往復する。[伊藤達雄]

歴史

1769年、スペイン王の命を受けたガスパー・デ・ポートラGaspar de Portol(1723ころ―1784ころ)は伝道士と兵士を率い、サン・ディエゴを経てサンフランシスコ港に入った。以後植民の試みがなされ、1776年には要塞(ようさい)と伝道区が設置され、その地はイエバ・ブエナYerba Buenaとよばれた。他方、ロシア帝国は、毛皮交換の基地として1812年この近郊にフォート・ロスを建設した。1822年メキシコ共和国の独立によりメキシコ領となるが、1846年には合衆国海軍提督ジョン・フリーモントJohn Freemontの蜂起(ほうき)により「ベア・フラッグ」(今日の州旗)が掲げられ、のちにモントゴメリー提督により占領された。1847年、現名称に改名。このころ金鉱脈発見により人口が急増した。1850年市制施行。1869年の大陸横断鉄道の完成により西部の中心的商業都市へと発展した。1906年、1989年の大地震では莫大(ばくだい)な被害を受けた。[庄司啓一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サンフランシスコの関連キーワードポモ族カリフォルニア米カリフォルニアシーワールドカリフォルニアカリフォルニア・ドリームカリフォルニア・レーズンデーカリフォルニア・バレエ団カリフォルニア・スパングルカリフォルニア大学バークレー校カリフォルニア[州]

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サンフランシスコの関連情報