コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニエーブル県 ニエーブルNièvre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニエーブル〔県〕
ニエーブル
Nièvre

フランス中部,ブルゴーニュ地域 (レジオン) の県。県都ヌベールマシフサントラル (中央山地) 北部,ロアール川中流右岸を占める。東部は花崗岩の高地で,西部ロアール川の谷へゆるやかに傾斜する。中部のニベルネ山地,東部のモルバン山地は森林が発達し,木材を産する。両山地間の低地は牧畜が盛んで,ロアール=ヨンヌ運河が通る。西部の低地では,コムギ,ジャガイモ,ブドウを栽培し,使役馬として知られるニベルネ種のウマを産する。工業の中心はヌベール。またヌベール南西のドシーズは特産の陶器で知られる。面積 6817km2。人口 23万 3278 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ニエーブル県の関連キーワードミッテランニベルネー

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android