コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニクウスバタケ(肉薄歯茸) ニクウスバタケCoriolus consors

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニクウスバタケ(肉薄歯茸)
ニクウスバタケ
Coriolus consors

担子菌類ヒダナシタケ目サルノコシカケ科。カシ,ナラ,シイなどの広葉樹の枯れた幹や切り株などに生じる。子実体は1~2mmで革質,屋根瓦状に重なって群生する。半円形扇形,貝殻形などで径1~3cm,表面にビロード状の軟毛が密生し,クリーム色ないし帯赤褐色で環紋がある。乾くと激しく内に曲る。下面は白色ないし黄褐色,紫褐色の管口がある。胞子は無色。材の白腐れを起すので有害。本州,四国,九州に産し,北アメリカ,中国,シベリアにかけ北半球の温帯以北に分布している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報