コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ニコポリス・アクチア Nicopolis Actia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ニコポリス・アクチア
Nicopolis Actia

前 31年オクタウィアヌス (アウグスツス) によってアクチウムの海戦の勝利を記念して建設されたエピルスの古代ローマの都市。かつてはパライオプレベザと呼ばれた。現ギリシアのニコポリス。プレベザの北方約 6kmに位置する。のちに南エピルスとアカルナニアの首都となる。この都市はユリアヌス帝やユスチニアヌス帝によって再興されたが,中世にプレベザに繁栄を奪われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ニコポリス・アクチアの関連キーワードカリュドンアルタ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android